大手芸能事務所に対する是正勧告2

先日、複数の大手芸能事務所に労働基準監督署が是正勧告を行っていたことが報道されました。

“是正勧告とは”や“是正勧告に従わなかった場合どうなるか”といった点については、「大手芸能事務所に対する是正勧告1」で書いた通りです。

今回は、各大手芸能事務所に行われた是正勧告の内容について確認してみたいと思います。

1.芸能事務所Aに対して

報道によると、芸能事務所Aに対しては、2013年の段階で労使協定(三六協定)を届け出ず、従業員に残業をさせたとして是正勧告が行われたとのことです。さらに、昨年は、月に1日も休まず働いていた従業員がいた等として是正勧告が行われたとのことです。

三六協定とは、会社が三六協定を締結して労働基準監督署長へ届け出た場合、会社は1日8時間・1週40時間の基準を超える労働をさせても、労働基準法違反の責任を問われないこととなる協定です。

会社員の方はよく聞く言葉かもしれません。三六協定は労働基準監督署長へ届出が行われなければなりません。本件では、この届出が行われていなかったようです。

また、労働基準法では、会社は従業員を毎週少なくとも1回の休日を与えなければならないとされています。月に1日も休まず働いていたということであれば、労働基準法違反となります。

2.芸能事務所Bについて

報道によると、芸能事務所Bに対しては、2012年の段階で月100時間を超える残業があったとして是正勧告が行われたとのことです。さらに、昨年は、就業規則の変更を変更したのに労働基準監督署長に届け出ていなかったことや、休日勤務の割増賃金を充分払っていなかったとして是正勧告が行われたとのことです。

月100時間の残業については、前述の三六協定が関係しています。芸能事務所Bは月50時間までの残業を認める三六協定を締結していたとのことです。よって、三六協定の上限を超えてしまったため労働基準法違反となります。

就業規則の変更については、労働契約法が規定する条件を満たす場合に会社は就業規則の変更を行うことが可能です。そして、常時10人以上の労働者を使用している場合、就業規則を変更すると労働基準監督署長へ届け出る必要があります。よって、労働基準監督署長に届けて出ていなかったことが、労働基準法違反となります。

休日勤務の割増賃金を払っていなかったことについては、法が定める割増賃金を払っていなかったということ自体が労働基準法違反です。

3.芸能事務所Cについて

報道によると、芸能事務所Cに対しては、2014年の段階で月の労働時間が400から500時間に及んだとして是正勧告が行われたとのことです。さらに、昨年は残業時間が三六協定で定めた上限時間を超えていたとして是正勧告が行われたとのことです。

月の労働時間が400から500時間に達したということは、正確な残業時間は報道からは不明ですが、残業時間が当然に三六協定で定めた上限時間を超えていたということとなります。よって、前述の三六協定が関係してきます。2014年、昨年共に三六協定の上限を超えてしまったため労働基準法違反となります。

4.まとめ

どのような事実が労働基準法違反になるか法律は複雑です。そのため、事前の予防法務としての正しい労務管理を行うことが何より大切です。

不安に思う経営者の方は、一度弁護士にご相談ください。

以上

文責:弁護士 根來真一郎

大手芸能事務所に対する是正勧告1

先日、複数の大手芸能事務所に対し、長時間残業や不十分な割増賃金支給を理由に、労働基準監督署が是正勧告を行っていたことが報道されました。

芸能事務所というと、いかにも勤務時間が長そうなイメージがあり、徹夜が当たり前で働く環境という業界かと思います。しかしながら働き方改革が叫ばれる中、芸能事務所であっても例外ではないという時代になってきたということかと思います。

続きを読む

未払残業代請求への対策をすべきタイミングとは?

ここ最近、従業員から未払残業代を請求されるケースが継続的に増え続けており、昨今の弁護士の増加や、働き方改革の流れもそれを加速させているように思います。

未払残業代請求への対策に関しては「うちはまだ何も問題起きてないし、ひとまず何もしなくても大丈夫でしょ」というお声を聞くことも珍しくありませんが、実際のところ、同業他社の事例などを聞き、「本当にこのままでよいのだろうか」と不安を感じている経営者様もいらっしゃるのではないでしょうか。

続きを読む

外国人雇用のキソ

1.深刻な人手不足

少子高齢化社会の影響なのか、業種を問わず様々な業界で人手不足が問題となっています。企業の規模を問わず、多くの企業が外国人を積極的に雇用しております。

今回は、外国人の雇用のキソを紹介します。

続きを読む

介護事業所と人事労務トラブルについて

いよいよ有給取得の義務化が今春から始まりました。その影響もあってか、最近は働き方改革への対応に頭を抱える社長や担当者の方からのご相談が増えています。

また、年度を跨ぐにあたって、採用や退職、労働条件の変更などが生じる会社様も多いため、それに伴うトラブルのご相談も増えております。

続きを読む

建設業界からみた“働き方改革“

1.“働き方改革”が2019年4月1日から順次実施されています

2019年4月1日から働き方改革関連法案の一部がすでに施行されています。

残業時間の上限規制、有給休暇の取得義務化、非正規労働者の待遇改善、高度プロフェッショナル制度など、働き方改革に関するニュースをよく目にするようになりました。

働き方改革については、これまで当事務所のブログでも何度かご紹介させて頂きました。

続きを読む

「就業規則」は誰のためにあるのか?

 会社側の労務問題を多く扱う中で、色々な企業様の就業規則を目にします。

また、これまでは就業規則がなかったので、新たに作成して欲しい、というお話をいただくこともございます。

そのような中で、ふと「就業規則は誰のためにあるのか?」という疑問が出てきました。

続きを読む

飲み会における飲酒強要とパワーハラスメント

3月ということで、気候もすっかり暖かくなりました。年度末にむけての追い込みや新年度に伴う異動、新入社員の入社等、飲み会も増える時期と思います。

さて、飲み会となると、発生しがちなのでお酒に伴うトラブルです。お酒に伴うトラブルも無数に考えられますが、今回は飲酒強要に関するパワーハラスメント(アルコールハラスメント)の観点に絞って考えてみたいと思います。

続きを読む

時間外労働規制に対応できないとどうなる?

ここ最近、弊所のブログでは、働き方改革関連法案の取り扱いが増えており、前回も今村から時間外労働の上限規制のお話をさせていただきました。

残業時間の上限規制はいつから?違反したら罰則?
(詳しい内容は上記ブログ記事をご覧ください。)

最近、顧問先企業様や知り合いの社会保険労務士の先生方から「対応できないと、結局どうなっちゃうの?」というご質問をいただくことがあります。

確かに、このようなリスクの具体的な内容はあまり情報として出回っていないような気がします。

そこで、今回は時間外労働の上記規制に対応できないとどうなってしまうのか、これまでの経験に基づいて、どんなリスクがあるのか予測してみたいと思います。

続きを読む

残業時間の上限規制はいつから?違反したら罰則?

1 働き方改革、本当にご存知ですか?

みなさん、「働き方改革関連法」という名称は聞いたことがあると思いますが、その内容と導入時期までご存知でしょうか。

働き方改革の実施項目は多岐にわたるため、全てを理解している人のほうが少ないかもしれません。たとえば、日本商工会議所による「働き方改革関連法への準備状況等に関する調査」の結果が公表されました(2019年1月公表)。

続きを読む