労働法の基礎①-労働法とは?

この企業法務ブログですが、実は、複数名の弁護士で毎週担当を決め、持ち回り制で作成しています。

ホットな企業法務トピックを毎週書くように工夫していたのですが、ふと、「労働法を各場面・段階ごとに解説したブログを書きたいな」と思うに至りました。そこで、村岡の担当回は、勝手に「労働法の基礎」というタイトルで連載をスタートしたいと思います!

続きを読む

残業代請求裁判で勝つためにすべきこと

1.残業代請求

ある日突然…
やめた従業員から…
会社に…
残業代請求が…

会社の社長は
「その従業員は本当にこんなに残業していたのか??残業代は払っているし、終業後は、スマホいじってなかったか??」と疑問が残り支払いを渋りました。

続きを読む

ある日、突然「労働審判手続申立書」が届いたら-労働審判対応について

「裁判所からいきなり、「労働審判手続申立書」なる書面が届いたのですが…」このようなご相談を受けることが、多くあります。

当事務所では、千葉県の企業様を中心に、労働審判の案件を多く取り扱っております。

続きを読む

セクハラと懲戒処分

複数の女子学生にセクハラ発言を行ったとして、停職6か月の懲戒処分を受けた大学院の男性教授が、処分が重すぎるため不当として無効確認等を求めた控訴審判決で、広島高裁が教授の請求を棄却する判断を行ったとの報道がありました。

続きを読む

労働トラブルと勝ち負け?

我々弁護士は、日常的にトラブルを扱う仕事です。弁護士が関わるようなトラブルでは、「最終的にどちらが勝って、どちらが負けるのか」が世間で注目されることが珍しくありません。

ご相談の際に「私は勝てますか?」という質問をされることも多く、当然ながら、ご依頼される方にとっても「勝ち負け」は重要なお話です。

続きを読む

同一労働同一賃金とは???

この企業法務ブログでは、これまでも、有給取得の義務化、派遣法改正、残業時間の上限規制等、働き方改革関連法案についての記事を書かせていただきました。今回は、働き方改革の中でも重要な部分である、「同一労働同一賃金」のお話をさせていただきます。

続きを読む

大手芸能事務所に対する是正勧告2

先日、複数の大手芸能事務所に労働基準監督署が是正勧告を行っていたことが報道されました。

“是正勧告とは”や“是正勧告に従わなかった場合どうなるか”といった点については、「大手芸能事務所に対する是正勧告1」で書いた通りです。

今回は、各大手芸能事務所に行われた是正勧告の内容について確認してみたいと思います。

続きを読む

大手芸能事務所に対する是正勧告1

先日、複数の大手芸能事務所に対し、長時間残業や不十分な割増賃金支給を理由に、労働基準監督署が是正勧告を行っていたことが報道されました。

芸能事務所というと、いかにも勤務時間が長そうなイメージがあり、徹夜が当たり前で働く環境という業界かと思います。しかしながら働き方改革が叫ばれる中、芸能事務所であっても例外ではないという時代になってきたということかと思います。

続きを読む

未払残業代請求への対策をすべきタイミングとは?

ここ最近、従業員から未払残業代を請求されるケースが継続的に増え続けており、昨今の弁護士の増加や、働き方改革の流れもそれを加速させているように思います。

未払残業代請求への対策に関しては「うちはまだ何も問題起きてないし、ひとまず何もしなくても大丈夫でしょ」というお声を聞くことも珍しくありませんが、実際のところ、同業他社の事例などを聞き、「本当にこのままでよいのだろうか」と不安を感じている経営者様もいらっしゃるのではないでしょうか。

続きを読む

外国人雇用のキソ

1.深刻な人手不足

少子高齢化社会の影響なのか、業種を問わず様々な業界で人手不足が問題となっています。企業の規模を問わず、多くの企業が外国人を積極的に雇用しております。

今回は、外国人の雇用のキソを紹介します。

続きを読む