相続法改正(遺留分制度)、事業承継がしやすく変化!

当ブログの中にある、「経営者こそ遺言の作成を!」と題する記事にも記載されている通り、経営者様の事業承継対策の一つとして、遺言書作成を早期に検討することは非常に重要です。

また、2018年7月6日の国会において、民法中の相続に関する規定等を改正する法律案が可決され、成立しました。

これにより、遺留分制度にも大きな変化が生じるようになり、従前は事業承継の障害となっていた遺留分制度が、障害となりづらくなりました。そこで今回は、遺留分制度に関する法律の改正ポイントについて、解説します。

1.これまでの遺留分制度は、事業承継の支障になっていました

遺留分制度とは、亡くなった人が有していた財産について、その一定割合の承継を一定の相続人に保障する制度のことをいいます。

つまり、遺言で「長男に遺産を全部あげる」と残していた場合であっても、遺産を受け取れなかった次男などの他の相続人から要求があった際には、一定割合の財産はあげましょうという制度になります。

民法は、遺留分制度により、亡くなった人の財産処分の自由と相続人の保護という、対立する要請の調和を図っています。

従前の遺留分請求の効果は、以下の通りになっていました。

【遺留分減殺請求権の行使によって、事業の財産まで共有状態になってしまう】

他の相続人から、遺留分減殺請求がなされると、遺留分を侵害する贈与等については、侵害の限度で失効し、目的物上の権利は当然に遺留分権利者に帰属してしまうようになっています。

つまり、長男一人に、会社の株式や事業のための土地建物を含む遺産全てを相続させる旨の遺言を残していても、次男から遺留分減殺請求が行われてしまうと、その時点で、株式や土地建物等の事業財産について、長男と次男の共有状態となってしまうのです。

遺留分減殺請求により事業財産が共有状態になってしまうことは、特定の相続人が会社を円滑に承継する障害となっていました。

2.民法改正により、当然に共有状態にならないようになりました

今回の民法(相続法)改正により、遺留分制度の改正点はいくつかありますが、大きく変わった重要なポイントは、以下の通りです。

【遺留分減殺請求権の行使により共有関係が当然に生ずることを回避できる】

今回の改正民法では、「遺留分権利者及びその承継人は、受遺者(・・・)又は受贈者に対し、遺留分侵害額に相当する金銭の支払を請求することができる。」と改められており、従前の遺産現物の返還請求を認めるのではなく、遺留分減殺請求権から生ずる権利を金銭債権化する内容に改正されています。

つまり、遺留分を侵害された者は、遺産となる株式や不動産についての持分を主張できるのではなく、あくまでも金銭請求が出来るにとどまるようになりました。

これにより、共有関係が当然に生ずることを回避することができるようになり、株式や事業土地建物を特定の者に与えたいという遺言者の意思を尊重することができるようになりました。

このように、これまで事業の承継人以外の相続人からの遺留分減殺請求により、当然に共有状態になっていた場合よりも、確実に事業財産を承継人に相続させることができるようになります。

※特定の相続人に特定の遺産を相続させるためには、遺言の作成等が必須となってきます。

3.改正の開始時期について

2019年7月1日からは、遺留分制度が、上記内容に改正となります。

従前よりも、事業承継対策がしやすく変化してきました。事業承継の対策には時間がかかることもございますので、喫緊の課題ではなくとも、ご関心がございましたら、お気軽に当事務所までご相談ください。

以上

文責:弁護士 大友竜亮

「無料」を謳う求人広告掲載の勧誘にお気を付け下さい

1.企業の人材難、採用難に付け込んだトラブルが増えています

厚生労働省の報道発表資料によれば、平成31年1月の有効求人倍率は1.63倍(10人の求人募集に対して応募が6人程度という水準です)で、ここ数年高水準で推移しているそうです。

こうなってくると、会社にとっては人材確保が重要なテーマ、ないがしろにはできない課題となってきますが(弁護士業界でも人材難・採用難だと言われております。)、昨年末からこのような事態に付け込んだトラブルについてご相談を受ける機会が増えております。

続きを読む

建設業界からみた“働き方改革“

1.“働き方改革”が2019年4月1日から順次実施されています

2019年4月1日から働き方改革関連法案の一部がすでに施行されています。

残業時間の上限規制、有給休暇の取得義務化、非正規労働者の待遇改善、高度プロフェッショナル制度など、働き方改革に関するニュースをよく目にするようになりました。

働き方改革については、これまで当事務所のブログでも何度かご紹介させて頂きました。

続きを読む

企業の災害対策

2019年3月11日で東日本大震災から8年が経過しました。8年経った現在も復興に向けた課題が山積みであると報道を通じて改めて実感しました。

本日は、地震と同じく日本において発生しやすい災害と言われる火災について、企業様が知っておくべき「失火責任法」のルールをご紹介します。

続きを読む

「就業規則」は誰のためにあるのか?

 会社側の労務問題を多く扱う中で、色々な企業様の就業規則を目にします。

また、これまでは就業規則がなかったので、新たに作成して欲しい、というお話をいただくこともございます。

そのような中で、ふと「就業規則は誰のためにあるのか?」という疑問が出てきました。

続きを読む

今さら聞けない、改正個人情報保護法キソのキソ

近年は個人情報の保護に対する機運が世界的に高まり、ヨーロッパでも昨年からEU一般データ保護規則(GDPR)が実施されました。

最近では、GDPRに違反したとして、グーグルが5千万ユーロ(約62億円)の制裁金の支払いを命じられました。

そうした中、日本でも、平成29年5月30日から改正個人情報保護法が施行され、個人情報の定義の明確化、適用対象者の拡大、個人情報保護委員会の新設などが行われました。

続きを読む

飲み会における飲酒強要とパワーハラスメント

3月ということで、気候もすっかり暖かくなりました。年度末にむけての追い込みや新年度に伴う異動、新入社員の入社等、飲み会も増える時期と思います。

さて、飲み会となると、発生しがちなのでお酒に伴うトラブルです。お酒に伴うトラブルも無数に考えられますが、今回は飲酒強要に関するパワーハラスメント(アルコールハラスメント)の観点に絞って考えてみたいと思います。

続きを読む

隣に比べてうちの家賃が高いんだけど?

同じ時期に相次いで同じ内容の相談を受けました。

「店舗を賃貸しているのだが、借主が近所のお店に家賃を聞いて回ったみたいで、『周りに比べてうちだけ坪単価が高い。下げてくれ。』と言ってきている。」

というものです。いずれも、賃貸借契約締結から1年以内の事案でした。

続きを読む

時間外労働規制に対応できないとどうなる?

ここ最近、弊所のブログでは、働き方改革関連法案の取り扱いが増えており、前回も今村から時間外労働の上限規制のお話をさせていただきました。

残業時間の上限規制はいつから?違反したら罰則?
(詳しい内容は上記ブログ記事をご覧ください。)

最近、顧問先企業様や知り合いの社会保険労務士の先生方から「対応できないと、結局どうなっちゃうの?」というご質問をいただくことがあります。

確かに、このようなリスクの具体的な内容はあまり情報として出回っていないような気がします。

そこで、今回は時間外労働の上記規制に対応できないとどうなってしまうのか、これまでの経験に基づいて、どんなリスクがあるのか予測してみたいと思います。

続きを読む

経営者の新しい認知症対策

経営者が認知症になると…

人生100年時代!誰もが長生きしたいものです。

そして、社長も元気です。

帝国データバンクの2018年の調査によると、全国の社長の平均年齢が最高齢となったとのことです。

経営者の方がいつまでも元気で現役でいることにこしたことはありません。

続きを読む