セクハラと懲戒処分

複数の女子学生にセクハラ発言を行ったとして、停職6か月の懲戒処分を受けた大学院の男性教授が、処分が重すぎるため不当として無効確認等を求めた控訴審判決で、広島高裁が教授の請求を棄却する判断を行ったとの報道がありました。

1.報道によると

報道によると、鳥取地裁における第1審では、わいせつな発言等は認定されず、学生にアカデミックハラスメント行ったとして、「停職期間は3か月程度に留めるべきで、6カ月は重すぎ、懲戒権の濫用にあたる」として大学側の処分を無効としました。

しかし控訴審である広島高裁は、セクハラの事実を認定し、教育上の地位や人間関係の優位性を背景に複数の学生にセクハラ発言を繰り返したのは悪質であり、処分が社会通念上相当性を欠くとは言えないと判断。一審の鳥取地裁の判決を取り消し、教授の請求を棄却しました。

2.セクハラに対する懲戒処分

では、本件裁判ではどのようなことが争われたのでしょうか。懲戒処分がどのような処分であるか、確認をしていきたいと思います。

そもそも懲戒処分とは、従業員と企業秩序違反行為に対する制裁罰と考えられています。そのため、就業規則に明記し、労働契約として明確にしておく必要があります。

そのうえで、労働契約法15条が「使用者が労働者を懲戒することができる場合において、当該懲戒が、当該懲戒に係る労働者の行為の性質及び態様その他の事情に照らして、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、当該懲戒は、無効とする。」と定めているので、処分の内容に客観的合理的な理由があり、社会通念上相当でなければならないとされています。

社会通念上相当か否かは、企業秩序違反行為(セクハラ)の内容、頻度、期間、被害者との関係、被害者の数、反省の度合い、過去の行い、処分の内容(けん責、戒告、減給、降格、出勤停止、懲戒解雇等)等を総合考慮して判断されます。

そのため、本件の第1審である鳥取地裁においては、セクハラの事実自体が認定されなかったことから6か月の停職処分は重すぎるとされました。控訴審である広島高裁においては、セクハラの事実が認定され、諸事情を総合考慮の上、処分が社会通念上相当性を欠くとは言えないとされました。

3.懲戒処分を行うにあたっては

企業内で発生した問題行為について、再発防止やセクハラのない落ち着いた職場環境の形成のため重大な不利益を伴う懲戒処分を行う場合、かような裁判で争われることもあり得ます。処分の内容に不安がある経営者の方は、お気軽に弁護士までご相談をいただければと思います。

以上

文責:弁護士 根來真一郎

インターネットにおける権利侵害の対応③

第3回では、プロバイダ責任制限法に規定がある発信者情報開示請求について説明をしたいと思います。

1.プロバイダの責任

特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律(以下、省略して「プロバイダ責任制限法」といいます)では、プロバイダの責任について定めています。

続きを読む

インターネットにおける権利侵害の対応②

第2回では、インターネットにおける権利侵害がなされた場合に、具体的にどのような方法が考えられるのか説明をしたいと思います。

1.訴外で侵害情報の削除依頼を行う

訴外で侵害情報の削除依頼を行うには、以下の方法が考えられます。

続きを読む

インターネットにおける権利侵害の対応①

これから、第3回にわたり、ネットの書き込みで誹謗中傷されるなどの権利侵害をされた場合にどのような対応があるのか説明していきたいと思います。

第1回では、インターネットを使用するうえでよく使われる専門用語や仕組みの説明をしたいと思います。

続きを読む

労働トラブルと勝ち負け?

我々弁護士は、日常的にトラブルを扱う仕事です。弁護士が関わるようなトラブルでは、「最終的にどちらが勝って、どちらが負けるのか」が世間で注目されることが珍しくありません。

ご相談の際に「私は勝てますか?」という質問をされることも多く、当然ながら、ご依頼される方にとっても「勝ち負け」は重要なお話です。

続きを読む

消費税増税~消費税転嫁対策特別措置法が問題になります~

令和元年10月1日から消費税が、8%から10%に増税されました。

消費税転嫁対策特別措置法は、今般の消費税の引上げに当たって、消費税の転嫁拒否等行為を禁止しています。中小事業者が消費税を価格へ転嫁しやすい環境を整備するため、消費税転嫁対策特別措置法に基づき消費税の転嫁拒否等の行為に対して、政府による監視・取締りが行われています。

今回のブログでは、増税に伴いうっかり会社がやってしまいそうな問題について、簡単にご紹介いたします。

続きを読む

民事執行法改正~強制執行手続きがより使い易くなります~

令和元年5月10日に民事執行法の一部が改正されました。

これは、企業の法務においても債権回収などの分野で大きな影響を与える改正になります。先日の報道などでは養育費の回収が容易になるとも説明されていました。

続きを読む

同一労働同一賃金とは???

この企業法務ブログでは、これまでも、有給取得の義務化、派遣法改正、残業時間の上限規制等、働き方改革関連法案についての記事を書かせていただきました。今回は、働き方改革の中でも重要な部分である、「同一労働同一賃金」のお話をさせていただきます。

続きを読む

大手芸能事務所に対する是正勧告2

先日、複数の大手芸能事務所に労働基準監督署が是正勧告を行っていたことが報道されました。

“是正勧告とは”や“是正勧告に従わなかった場合どうなるか”といった点については、「大手芸能事務所に対する是正勧告1」で書いた通りです。

今回は、各大手芸能事務所に行われた是正勧告の内容について確認してみたいと思います。

続きを読む

大手芸能事務所に対する是正勧告1

先日、複数の大手芸能事務所に対し、長時間残業や不十分な割増賃金支給を理由に、労働基準監督署が是正勧告を行っていたことが報道されました。

芸能事務所というと、いかにも勤務時間が長そうなイメージがあり、徹夜が当たり前で働く環境という業界かと思います。しかしながら働き方改革が叫ばれる中、芸能事務所であっても例外ではないという時代になってきたということかと思います。

続きを読む