【中小法人等】持続化給付金の対象、申請方法のまとめ

持続化給付金はまだ申請ができます。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が解除されましたが、まだまだ予断を許さない状況が続いています。

中小企業の方々におかれましては、緊急事態宣言により事業に大きな影響を受けられた方もいらっしゃるかと思います。

政府は、特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業全般に広く使える給付金(持続化給付金)を支給しています。

もうすでに受け取られている方もいらっしゃるかと思いますが、まだまだ申請期間は残されていますので、持続化給付金の申請期間や対象者、申請方法について、おさらいしておきましょう。

中小企業庁HP上の持続化給付金ページ

1. 申請期間 令和3年1月15日(金)まで

給付金の申請期間は令和2年5月1日(金)から令和3年1月15日(金)までとなります。

電子申請の送信完了の締め切りが、令和3年1月15日(金)の24時までとなっているので、まだ申請は間に合います。

2. 給付対象の主な要件 前年同月比で50%以上売上が減少

中小法人の給付対象者となる要件は、下のとおりです。

前年同月比で事業収入が50%以上減少した月が存在すること

2020年1月から申請する月の前月までの間で、前年同月比で事業収入が50%以上減少した月がある事業者が対象です。

対象月は、2020年1月から申請する月の前月までの間で、好きな月を選ぶことができます。

例えば、2020年5月の売上の減少が著しい事業者の方であれば、前年の同じ月、すなわち2019年5月の売上と比較して、事業収入が50%以上減少していれば、対象となってきます。

2019年以前から事業収入がある事業者

2019年以前から事業による事業収入(売上)を得ており、今後も事業を継続する意思がある事業者が対象となります。

事業収入は、確定申告書別表一における「売上金額」欄に記載されるものと同様の考え方によるものとしています。

③資本金10億円未満または資本金の額が定められていない場合従業員が2000人以下

2020年4月1日時点において、次のいずれかを満たすことが必要です。

  • 資本金の額または出資の総額が10億円未満であること。
  • 資本金の額または出資の総額が定められていない場合は、常時使用する従業員の数が2000人以下であること

※「常時使用する従業員」は、労働基準法20条の規定に基づく「あらかじめ解雇の予告を必要とする者」を指します。パートやアルバイトであっても、ここで言う「常時使用する従業員」になり得ますので、不安な方は専門家に確認されるとよいでしょう。他方、会社役員及び個人事業者はあらかじめ解雇の予告を必要とする者に該当しないため、「常時使用する従業員」には該当しません。

また、以下のいずれかに該当する場合も、給付対象外となります。

  • 国、法人税法別表第一に規定する公共法人(国立大学や地方公共団体などです。)
    (e-Govウェブサイト「法人税法」(令和2年6月19日に利用))
  • 性風俗関連特殊営業、当該営業にかかる接客業務受託営業を行う事業者
  • 政治団体
  • 宗教上の組織、団体
  • その他、給付金の趣旨
  • 目的から適当でないと中小企業庁長官が判断する者
e-Govウェブサイト「法人税法」

3. 給付額 中小法人は上限200万円

持続化給付金の給付額は、中小法人等の場合、最大で200万円です。

※ただし、昨年1年間の売上からの減少分を上限としますので、一律に200万円が支給されるわけではありません。

【売上減少分の計算方法】
前年の総売上(事業収入)-(前年同月比▲50%月の売上×12カ月)

例えば、下のような事業者がいたとします。

  • 2019年総売上:4,900万円
  • 2019年5月売上:800万円
  • 2020年5月売上
  • 400万円

対象月を5月にした場合、2019年5月の売上が800万円であるのに対し、2020年5月の売上は400万円ですので、売上が50%以上減少しています。持続化給付金の対象事業になってきます。

そして、対象月とした月の売上400万円×12カ月=4,800万円となり、前年の総売上4,900万円との差額は、100万円となります。この場合には、持続化給付金の支給額は100万円となります。

4. 申請方法 Web上での電子申請

Web上での電子申請を基本としています。

中小企業庁持続化給付金事務事業HPの一番下のオレンジの「▶申請する」をクリックして申請します。

中小企業庁持続化給付金事務事業HP

5. 申請に必要な書類

法人の場合、下の証拠書類をデータ化したうえで、添付する必要があります。

スキャンしたデータだけでなく、デジタルカメラやスマホで撮影した写真でも提出できます(ただし、細かな文字まで読み取れるようきれいな写真である必要があります。)。

  1. 確定申告書
    確定申告書別表一の控え(1枚)+法人事業概況説明書の控え(2枚)
  2. 2020年分の対象とする月の売上台帳等
  3. 給付金の振込を受ける会社名義の通帳写し

資料のデータ化ができれば、申請は案外簡単にできます。新型コロナの影響により売上が減少した中小企業の方々におかれましては、まだ期限がございますので、申請することをお勧めします。

また、新型コロナウイルス関連の労働問題については、当事務所でも取り扱っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

中小企業庁HP上の持続化給付金ページ

以上

文責:弁護士 大友竜亮

新型コロナウイルスと整理解雇

新型コロナウイルスの影響で売上が減少し、人員整理を検討せざるを得ないという企業様が増えております。

そこで今回のブログでは、人員整理の方法としての整理解雇を行う上での注意点についてお話しさせていただきます。

※以下の情報は令和2年6月17日現在の情報のため、内容に変更の可能性があります。

1. 整理解雇とは

整理解雇とは、主として経営上の理由に基づく解雇のことをいい、普通解雇の一つです。通常、会社が労働者を解雇するためには、解雇に客観的に合理的な理由があり、社会通念上相当であると認められる必要があります(労働契約法16条)。

整理解雇の場合は、懲戒解雇などとは異なり労働者に落ち度がなく、使用者側の事情に基づいて行われます。

そこで、整理解雇については、裁判上通常の解雇よりも厳格に解雇の有効性について判断される傾向があり、具体的には、4つの要素(①人員削減の必要性、②解雇回避努力義務を尽くしたこと、③解雇される者の選定基準及び選定の妥当性、④事前に解雇される者へ説明を尽くしていること)を踏まえて整理解雇の有効性が判断されます。

2. 整理解雇の4要素とは

(1)人員削減の必要性

人員削減の必要性は、使用者による人員削減措置について企業の合理的な運営上やむを得ない必要性が認められるかという判断要素です。

使用者が倒産必至の状況であることまでは必要とはされていませんが、使用者が新規採用を行いつつも、従業員を整理解雇するような事案においては、人員削減の必要性がないとされるケースが多いです。

(2) 解雇回避努力義務を尽くしたこと

使用者は解雇を避けるために最善の努力を尽くす必要があると考えられており、解雇に先立ち、配転、出向、一時帰休、希望退職者の募集、賃金・賞与・役員報酬の減額等を検討・実行し、それでも解雇せざるを得ないという場合でなければ、整理解雇は認められません。

また、解雇回避努力の一つとして、雇用調整助成金の利用の検討も必要になります。これは、経済上の理由により、事業活動の縮小を余儀なくされた会社が、労働者に対して一時的に休業等を行い、労働者の雇用を維持した場合に、休業手当等の一部を助成する制度です。

(3) 解雇される者の選定基準及び選定の妥当性

使用者が整理解雇をする必要があるとしても、被解雇者の人選については、恣意的なものではなく、客観的かつ合理的な基準を設定し、その基準を公正に適用することが必要です。

基準を全く設定することなく実施された整理解雇は、裁判例上無効とされているケースもあります。

(4) 事前に解雇される者へ説明を尽くしていること

使用者は労働者に対し、整理解雇の必要性やその内容につき、事前に十分な説明を行う必要があります(労働組合がある場合には、当該組合との間で協議を行う必要があります)。

(4)以外の整理解雇の各要素が肯定された場合であっても、使用者が十分な説明を怠れば、解雇は無効となる可能性があります。

3. 最後に

整理解雇を検討している場合には、事前準備の段階から弁護士が関与することが望ましいです。整理解雇ではなくまずは退職勧奨を行うべきであった事案も実際には多く見られます。

整理解雇を検討されている企業様は、整理解雇を実施する前に是非とも一度ご相談ください。

以上

文責:弁護士 松本達也

安易な解雇は注意が必要です!解雇時のリスクについて

1. ご相談でよくある事例

当事務所では、使用者側の立場で労務問題を多く扱っているため、解雇に関するトラブルを社長様からご相談をいただくことが多くあります。

ご相談を受ける多くのケースでは、従業員と使用者側で既にトラブルになっているケースが多いです。

続きを読む

東京都労働委員会による団体交渉命令(不当労働行為)

労働組合が会社の会議室の利用等を議題とする団体交渉を申し入れたところ、ある新聞社がこれを拒否したことについて、東京都労働委員会が不誠実な団体交渉にあたるとして団体交渉命令を発した事件が昨年ありました。

続きを読む

パワハラ防止法の企業対応をコンパクトに解説します!ー 改正点、外部相談窓口など

はじめに

令和2年6月1日より、大企業において、いわゆる「パワハラ防止法」が施行されることとなりました。中小企業は令和4年4月1日からの施行となります(ただし、同日までの間も「努力義務」がございます)。

続きを読む

改正された民事執行法を活用しましょう

第1 はじめに

令和元年5月10日に民事執行法の一部が改正され、令和2年4月1日から一部の規定を除いて、改正民事執行法が施行されています。

今回は、改正された民事執行法の中から、財産開示手続と第三者からの情報取得手続制度について解説したいと思います。

続きを読む

食品衛生法が改正されました

第1 はじめに

飲食店が提供する商品は安全であることが求められています。食品の安全を定める法律と言えば食品衛生法ですが、その食品衛生法が改正されました。

新型コロナウイルスの影響で通常の営業形態からお持ち帰りの営業に変更を余儀なくされている事業者様も多いですが、これからの季節は細菌性の食中毒も増えていきますし、食品の安全性は時間の経過とともに低下していくことが多いため、特に注意が必要です。

続きを読む

経営者保証ガイドライン①

はじめに

経営者保証に関するガイドラインというものは知っていますか?

社長のような経営者が保証人となることは、思い切った事業展開や事業再生の妨げ等になるため、日本商工会議所と全国銀行協会が共同で「経営者保証に関するガイドライン研究会」設置し、様々な議論の末に経営者保証に関するガイドラインが作成されました。

続きを読む

新型コロナウイルスと労務管理-休業期間中の賃金について

はじめに

新型コロナウイルスの影響で、飲食店、イベント業、派遣業等、多くの企業様で甚大な被害が生じています。千葉県も、先日発令された緊急事態宣言の対象に含まれており、今後、更なる影響が生じることが予想されます。

続きを読む

【中小企業向け】新型コロナウイルスの影響下でも株主総会の開催義務はありますか?

1. はじめに

現在、新型コロナウイルスによる影響が企業活動に影響をもたらしています。多くの企業において、3月期決算業務、監査業務にも遅延が生じていると思われます。

続きを読む