忘年会での怪我にはご用心!~忘年会と労災について~

気付けば12月に突入、町にはイルミネーションが煌びやかに点灯し、いよいよ2018年も残すところ後1か月となりました。企業経営者の皆様は、年末進行対応でてんてこまいという方、連日の忘年会で肝臓から悲鳴が・・・という方も多くいらっしゃると思います。

忘年会で楽しいお酒を飲んでいたら、ついつい飲みすぎてしまい、この怪我はいつどこでしたんだろうという経験をしたことがある方は私だけでしょうか。あざができた程度では特に問題はないかと思いますが、それこそ酔っぱらって転んでしまい骨折してしまった場合、治療費などは自己負担になってしまうのでしょうか。

もしかして、「労災は使えないか?」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。そこで、忘年会と労災について今一度検討してみたいと思います。

そもそも「労災」って?

そもそも、「労災」とはどのような制度なのでしょうか?

「労災」とは、国家が労災保険制度を運営し、使用者が義務として集団的に加入して保険料を納め、「労働災害」(労働者が労務に従事したことによって被った死亡・負傷・疾病)にあった労働者が補償を受ける制度です。

療養補償として治療費が、休業補償として休業損害が、その他打切補償、障害補償、遺族補償、分割補償、葬祭料等が補償されることとなります。

忘年会と労災

では、忘年会での怪我は労災として治療費や休業損害は支払われるのでしょうか?

労災として補償が行われるためには、「業務災害」と認められる必要があります。「業務災害」と認められるためには、「業務起因性」と「業務遂行性」の双方が必要となります。

「業務起因性」とは、労働者が労働契約に基づき事業主の支配下にあることに伴う危険が現実化したものと経験則上認められること(因果関係)を意味します。「業務遂行性」とは、労働者が事業主の支配ないし管理下にあること(仕事中か否か)を意味します。

忘年会において事故が発生した場合、「業務遂行性」が特に問題となります。ようするに、「忘年会は仕事なのか!?」ということが問題となるわけです。

忘年会に業務遂行性は認められるか!?

では、忘年会は仕事であり、業務遂行性は認められるのでしょうか?

業務遂行性が容易に認められるのは、事業場内で作業に従事中に災害に遭ったような場合です。それに対して、事業場外での任意的な従業員親睦活動については、強制されて参加するものではないことから業務遂行性は通常は認められません。

裁判例においても、「本件会合への参加に業務遂行性が認められるかについてみるに、本件会合は、前記認定のとおり一般に仕事をした他社の従業員を送別する趣旨で会社従業員の有志が企画し、回覧を回して任意で参加者を募り、甲での勤務終了後に会費制で行われ、幹事が開会の挨拶をし、閉会も挨拶なしの流れ解散であったもので、このような本件会合の趣旨及び開催の経緯からすれば、本件会合への参加に業務遂行性があるとは認められない。」(東京地判平11・8・9労判767号22頁)としたものがあります。

なお当該裁判例は、業務起因性についても、「右災害は業務と関連のない、自己の意思に基づく私的行為により、自ら招来した事故によるものである」として否定しています。

最後に

せっかくの楽しい忘年会も、事故が発生してしまうと台無しです。お酒はほどほどに、楽しい忘年会を過ごしていただければと思います。

以上

文責:弁護士 根來真一郎

飲食店における無断キャンセルへの対抗策

2018年もラスト1ヶ月ということで忘年会が多くなってくるのではないでしょうか。そんな中、大人数の予約を受け付けたにもかかわらず、当日になっても人が来ない、予約した人は電話にも出ないという飲食店における無断キャンセル問題も発生しやすい時期かと思います。

続きを読む

管理職の過重労働にこそ要注意!!

働き方改革、未払残業代の請求トラブルなど、長時間労働の削減は、会社にとって様々な面で急務となっています。そのような中で、上司と部下の板挟みになりがちであり、部下の労働時間管理を行う管理職の方達こそ、過重労働に注意が必要といえます。

実際に千葉県内でも、部下の残業削減を命じられた管理職の方が自分で仕事を抱えてしまい、過労の結果、自ら命を絶った痛ましい事件が起きています。

続きを読む

経営者こそ遺言の作成を!

事業承継問題

新聞を読んでいると事業承継という言葉を目にしない日はありません。
「事業承継」というと難しい言葉のように思えますが、多くの経営者の事業承継は、端的に言えば、「代替わり」です。
経営者の地位を、その子、あるいは親族に引き継がせることです。この場合の事業承継を親族内承継といいます。

しかし、その事業承継ですが、千葉県内の多くの企業でもうまくいっていないようです。
株式会社帝国データバンク 千葉支店「後継者問題に関する千葉県内企業の実態調査」によると、千葉県内の企業では、後継者が決まっている企業は3社に1社のみとのことでした。

続きを読む

新たに創設された事業承継税制(贈与税・相続税の納税猶予及び免除制度)について、ご説明します!

経営者様の高齢化および後継者の不在といった事情から、事業承継が大きく注目されてきています。
最近では、中小企業庁でも事業承継ガイドラインを10年ぶりに策定するなど、事業承継の制度が大きく変わってきており、国を挙げて事業承継の支援がなされるようになってきました。

そこで今回は、平成30年税制改正において設けられた特例措置(事業承継税制(贈与税・相続税の納税猶予及び免除制度))のポイントについて、解説します。

続きを読む

奨学金問題~分別の利益とは?~

先日日本学生支援機構の奨学金の回収手法に問題があったことが報じられていました。

この問題では「分別の利益」という法律用語がキーワードになっています。
一般の方からすると少し耳慣れない言葉だと思いますが、民法を学んだことがある方であれば保証の項で学んだことが思い出されるかもしれません。

続きを読む

突然起こる労災事故、ここに注意!!

暑気払いや忘年会のシーズンになると、「職場の飲み会で飲みすぎた従業員が帰り道に転倒したら会社は責任を負うのか!?」なんて話題がよくでますよね(…でないですかね。)。

このようなケースではそもそも労働災害に該当するか(難しくいうと業務遂行性や業務起因性)が問題になるのですが、もし労災事故が起きてしまった場合に、会社がどんな責任を負うのか、会社側は何をすべきなのかという問題までご存知でしょうか。

続きを読む

パワハラの防止策作りを企業に義務付け?わかりやすく説明します!

現在、厚生労働省では、パワハラによる悪影響を重大視し、パワハラの防止策の策定を企業に義務付ける法整備を行う方向で検討しており、悪質な企業については、企業名の公表も検討されています。

そこで、本日は、企業様が気になる指導とパワハラの境界線についての基準をご紹介します。

続きを読む

有給休暇の取得が義務化に!?―「使わせる」だけではアウトに

「有給の制度はあるけど、利用している人は多くない」「従業員から求められたら、有給として取り扱っている」…こういった処理を行っている企業様がほとんどだと思います。

しかし、「働き方改革関連法案」の成立により、企業における有給休暇の処理は、今後、大きく変わることとなります。

今回は、働き方改革関連法案のうち、企業様に大きな影響が生じるであろう「有給」の問題をお話させていただきます。

続きを読む

入社前研修は、義務付けられる?

企業の継続的な発展のためには、新卒予定者の採用は不可欠です。そして、就職説明会を開催したり、何度も面接を行い、苦労して採用活動を行った結果、有望な新卒予定者に「採用内定」を出すことができました。苦労して採用した新卒予定者となると、
「入社前から研修を受けて欲しい」
「入社前から資格取得の授業を受講して欲しい」
なんてことを思う経営者の方や人事担当者の方もいらっしゃるかもしれません。

続きを読む