外国人雇用のキソ

1.深刻な人手不足

少子高齢化社会の影響なのか、業種を問わず様々な業界で人手不足が問題となっています。企業の規模を問わず、多くの企業が外国人を積極的に雇用しております。

今回は、外国人の雇用のキソを紹介します。

2.外国人=働けるとは限らない?

そもそも、外国人が日本に滞在するためには在留資格が必要となります。

外国人が日本で働く(就労)するためには、①就労することが認められる在留資格であるか、②就労が認められる資格外活動許可を入国管理局から受ける必要があります。

参考 在留資格

  1. 就労が認められる在留資格(活動制限あり)
    外交、公用、介護、特定技能、技能実習等
    これらの在留資格は、就労は認められるものの、活動制限があるものです。
    たとえば、介護の在留資格の外国人は、介護以外の就労は認められません。
  2. 身分・地位に基づく在留資格
    永住者、定住者等
    これらの在留資格は、活動制限はありません。どのような職種でも就労は可能となります。
  3. 就労の可否は指定される活動によるもの
    特定活動(ワーキングホリデー等)
    この在留資格は、法務大臣よって個別に活動が指定されます。
  4. 原則として就労が認められない在留資格
    文化活動、留学等
    これらの在留資格は、原則として就労することはできません。ただし、資格外活動許可を受けることで、一定の範囲内での就労は認められます。

3.雇用主が最も注意すべきこと

外国人を雇用する場合、何よりも注意して欲しいのは、不法就労助長罪(入管法73条の2第1項)です。

不法就労となるのは

  1. 不法滞在など在留資格を持たない外国人が働く場合
    例えば、密入国した外国人が働く場合や在留期限が過ぎてしまった外国人が働く場合等
  2. 入国管理局から認められた範囲を超えて外国人が働く場合
    例えば、介護の在留資格を有する外国人が外国料理屋で働く場合や資格外活動許可を受けた留学生が週に28時間を超えて働く場合等

雇用している外国人が不法就労となる場合、雇用主自身に不法就労助長罪が成立してしまうおそれがあります(過失がない場合には不法就労助長罪は成立しませんが…)。

外国人の言葉だけを信じて雇ったものの不法就労となってしまった場合、雇用主に不法就労助長罪が成立してしまう可能性が高いです。

外国人を雇う際には必ず外国人の在留資格カード原本を確認し、在留資格を確認してください。

不法就労助長罪のほかにもハローワークへの届け出等、外国人を雇う際には、注意すべき点がいくつもありますので、外国人を雇う際には是非専門家にご相談ください。

以上

文責:弁護士 渡邉優

交通事故と企業リスク

昨今交通事故による痛ましい事件が増えています。

先日発表された、平成30年の交通事故の概況に関する警察庁の発表によれば、死亡事故件数は年々減少しているものの、高齢者(75歳以上、80歳以上)が加害者となる死亡事故が増加しており、また携帯電話使用による事故が増えていることが特徴だそうです。

続きを読む

株主総会シーズンの到来!

1.今年は6月27日に株主総会開催日が集中しました

いまは超低金利の時代なので株式投資をしている方も多いかと思いますが、株式を保有していると定時株主総会の招集通知が届きます。

上場企業の株式を保有している方には、毎年6月上旬に株主総会の招集通知が届く会社が多いのではないでしょうか。

続きを読む

不動産業者の方向け ー不動産共有状態の解消方法ー

不動産を相場より安い価格で購入したが、その物件には他の共有者がいるというケースがあるかと思います。

不動産を売却するにも、共有状態では高値で売買することは困難です。そこで、不動産の共有状態を解消するべく行動するかと思います。

続きを読む

賃金等請求権の消滅時効が2年から5年に!

従来、賃金等請求権に関する消滅時効については、労働基準法115条が、「この法律の規定による賃金(退職手当を除く。)、災害補償その他の請求権は2年間、この法律の規定による退職手当の請求権は5年間行わない場合においては、時効によって消滅する。」と規定していました。

続きを読む

介護事業所と人事労務トラブルについて

いよいよ有給取得の義務化が今春から始まりました。その影響もあってか、最近は働き方改革への対応に頭を抱える社長や担当者の方からのご相談が増えています。

また、年度を跨ぐにあたって、採用や退職、労働条件の変更などが生じる会社様も多いため、それに伴うトラブルのご相談も増えております。

続きを読む

相続法改正(遺留分制度)、事業承継がしやすく変化!

当ブログの中にある、「経営者こそ遺言の作成を!」と題する記事にも記載されている通り、経営者様の事業承継対策の一つとして、遺言書作成を早期に検討することは非常に重要です。

また、2018年7月6日の国会において、民法中の相続に関する規定等を改正する法律案が可決され、成立しました。

続きを読む

「無料」を謳う求人広告掲載の勧誘にお気を付け下さい

1.企業の人材難、採用難に付け込んだトラブルが増えています

厚生労働省の報道発表資料によれば、平成31年1月の有効求人倍率は1.63倍(10人の求人募集に対して応募が6人程度という水準です)で、ここ数年高水準で推移しているそうです。

こうなってくると、会社にとっては人材確保が重要なテーマ、ないがしろにはできない課題となってきますが(弁護士業界でも人材難・採用難だと言われております。)、昨年末からこのような事態に付け込んだトラブルについてご相談を受ける機会が増えております。

続きを読む

建設業界からみた“働き方改革“

1.“働き方改革”が2019年4月1日から順次実施されています

2019年4月1日から働き方改革関連法案の一部がすでに施行されています。

残業時間の上限規制、有給休暇の取得義務化、非正規労働者の待遇改善、高度プロフェッショナル制度など、働き方改革に関するニュースをよく目にするようになりました。

働き方改革については、これまで当事務所のブログでも何度かご紹介させて頂きました。

続きを読む