有給休暇の取得が義務化に!?―「使わせる」だけではアウトに

「有給の制度はあるけど、利用している人は多くない」「従業員から求められたら、有給として取り扱っている」…こういった処理を行っている企業様がほとんどだと思います。

しかし、「働き方改革関連法案」の成立により、企業における有給休暇の処理は、今後、大きく変わることとなります。

今回は、働き方改革関連法案のうち、企業様に大きな影響が生じるであろう「有給」の問題をお話させていただきます。

1 そもそも「「有給」とは?

皆様ご存じだと思いますが、「有給」とは「年次有給休暇」の略語です。

通常ですと、仕事を休んだ場合には、当然給与も支給しなくて良いこととなります(ノーワーク・ノーペイの原則とか呼ばれます)。他方、非常に簡単に言いますと、仕事を休んだ場合でも給与を支給しましょう、というのが、いわゆる「有給」と呼ばれるものです(ここでは「有給休暇」と記載します。)。

有給休暇を付与するのは、会社の義務です。現行の労働基準法は、雇入れの日から起算して6ヶ月以上継続勤務し、全労働日の8割以上出勤した労働した労働者に対しては、10日以上の有給休暇を付与しなければならないと定めています(労基法39条1項)。そして、どのように有休休暇を利用するか(利用目的)、いつ利用するか(利用の時期)というのは、原則として、労働者の自由と考えられています。

経験上、「うちには有給の制度はない」「有給は許可制にしている」という企業様も一定程度ありますが、有給の制度や、その利用については、労働者の「権利」ですので、その点は注意が必要です。

2 働き方改革関連法案で何が変わる?

上で見てきたとおり、これまでは、「有給休暇を付与すること」「自由に利用させること」が企業の義務でした。裏を返せば、付与しさえすれば良く、労働者が利用を求めない場合に、企業の方から積極的に利用させる義務まではありませんでした。

しかし、働き方改革関連法案の改正により、「有給休暇を取得させる」義務が、企業に課されることとなりました。企業の方から、積極的に「有給を取得させる」必要があるのです。

具体的には、2019年4月1日以降(基準日との関係で経過措置はありますが)は、中小企業も含め、年10日以上の有給休暇が与えられている社員については、1年間で5日間は、必ず有給休暇を取得させる必要があります(改正後労働基準法39条7項)。しかも、これに違反した場合(=有休消化が5日未満の労働者がいた場合)の罰則まで定められています(30万円以下の罰金)。

今後は、この法改正を頭に入れて、従業員に対する計画的な有給休暇の付与を検討する必要があります。

3 おわりに

今回は、有給休暇のお話をさせていただきましたが、働き方改革関連法案で変わってくるのは、有給休暇の部分だけではなく、多岐に亘ります。
法改正の内容が詳しく知りたい、うちの社内規程は大丈夫か?と不安な企業様は、是非一度、弁護士、社会保険労務士といった、労務の専門家にご相談されることをお勧めします。

以上

文責:弁護士 村岡つばさ

入社前研修は、義務付けられる?

企業の継続的な発展のためには、新卒予定者の採用は不可欠です。そして、就職説明会を開催したり、何度も面接を行い、苦労して採用活動を行った結果、有望な新卒予定者に「採用内定」を出すことができました。苦労して採用した新卒予定者となると、
「入社前から研修を受けて欲しい」
「入社前から資格取得の授業を受講して欲しい」
なんてことを思う経営者の方や人事担当者の方もいらっしゃるかもしれません。

続きを読む

SNSの利用にご注意を

近年FacebookやTwitter等のSNSを利用して自社の広告や告知を行う企業様が増えていらっしゃると思います。
その一方で、従業員がSNSを利用して不適切な投稿をして、いわゆる「炎上」したというニュースも度々報道されています。

SNSは、不特定多数の利用者に対して情報を発信するためには非常に優秀なツールではありますが、従業員の方の不適切な利用方法によって会社の評判を下げてしまうリスクも潜んでいます。

そこで今回は、従業員によるSNS利用に潜むリスクと対応策についてお話させていただきます。

続きを読む

近時のセクハラトラブル 傾向と対策

最近、スポーツ業界の「パワハラ」問題が世間を賑わせています。他方で「セクハラ」の問題についても、自治体や官庁などで最近話題になっていたのが記憶に新しいところです。

今回は、企業にとっても重大な問題である「セクハラ」について、私が思う最近の傾向と対策をお話したいと思います(あくまでも個人的な感覚に基づく話が中心です。あらかじめご了承ください。)。

続きを読む

民法改正後の残業代請求権の時効はどうなるか

よつば総合法律事務所は、企業法務案件を数多く扱っていることから、企業法務ブログを開設しました。
毎週更新されるので、ぜひご覧ください。

平成の間は、残業代請求権の時効は2年

よつば総合法律事務所に、相談に来られる事業者様の相談のうち、多くの割合を占める内容が退職した元従業員などからの残業代請求です。

では、その残業代請求権の時効期間はどのくらいだと思いますか?

続きを読む

「私用メール」の送受信とその監視、実はいろいろ問題です。

経営者の方にとって、社員が勤務時間中に仕事以外の用事を済ませているのではないかと気になったことがある方もいらっしゃるかもしれません。

そんなとき、社員がどんなメールを送受信しているか確認しておきたいと考えたことはないでしょうか。

続きを読む

グレーゾーン解消制度と新事業特例制度

今回は、平成26年1月20日に規制改革の一環として施行された「グレーゾーン解消制度」及び「新事業特例制度」についてブログを書きました。これらの制度は、事業者が主体となって規制改革を行うことでスムーズな事業のスタートアップを促進する制度で、新事業を計画されている方は必見です!

続きを読む

外国人技能実習制度

みなさん、この制度の名前を聞かれたことはあるでしょうか? 最近ニュースで、日本が人手不足であるとか、少子高齢化で将来が不安であるというようなときによくとりあげられているかと思いますが、今回はその制度についてブログを書いてみました。

続きを読む

「むきてんかん」ってご存知ですか?

漢字にすると「無期転換」となります。ここ最近、企業や国立大学などで、社員や職員に対してこの制度が適用されることを避けるために「雇止め」と言われる契約期間の更新の拒絶を一斉に行ってニュースになっています。そのため、皆様も新聞やニュースでこの言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか? 続きを読む