偽装請負のリスク

建築業界の方であれば、偽装請負という言葉を聞いたことはあると思います。

そもそも、偽装請負とは、業者間で形式上は請負契約や業務委託契約を締結していながら、実態は労働者派遣や労働者供給であることをいいます。

どのような場合に偽装請負にあたるかは以下の記事を参照ください。

【建設業向け】偽装請負にご注意を!

契約書の名前が「請負契約書」ではなく、「業務委託契約書」である場合にも、偽装請負の判断基準に基づいて、偽装請負と判断されることもあるのでご注意ください。

では、ある会社Aが、建築工事を下請業者B(派遣業許可なし)に請け負わせ、建築現場に、下請業者Bと業務委託契約を締結していたCが建築工事を行っていたという状況で、無許可の派遣業として偽装請負と判断された場合、どのようなリスクがあるでしょうか。

リスク1 AとCとの雇用契約の成立

Cの業務形態が偽装請負と判断されてしまうと、労働契約申込みみなし制度(労働者派遣法第40条の6)が適用され、Cの選択によって、選択以後にAとCとの間で雇用契約が締結されてしまうのです。

なお、Aに拒否権はありません。

このようにAとCとの間で雇用契約が締結されると、AはCの労務管理をする必要が出てきてしまうのです。

AとCの雇用契約が成立されてしまうと、想定外に労働者を雇用するはめになったとして、AはBに対して契約解除を迫ってくる可能性があります。また、Bからすると、委託先を失う結果になってしまいます。

リスク2 行政処分

違法な労働者派遣として、偽装請負と判断される場合、Bのみならず、Aに対しても、行政処分がなされる可能性があります(労働者派遣法第48条以下)。

リスク3 刑事罰

行政処分を超えて、Bに対しては、「100万円以下の罰金」に処せられる可能性(労働者派遣法第59条2号)となり、さらにBの代表者らに対しても、罰金刑が科される可能性があるのです(労働者派遣法第62条)。

対応策

では、偽装請負と判断されないためには、どのようすればいいでしょうか?

派遣業の許可を得たうえで、労働者を派遣するという方法があります。

ただし、派遣業の許可のための資産要件はとても厳しいものであり、簡単に派遣業の許可を得られるわけではありません。

【建設業向け】偽装請負にご注意を!の判断基準でも記載されていますが、偽装請負の判断基準として、最も重要な点は、元請(派遣先)から具体的な指揮命令を受けているか否かです。

そのため、元請からの指示については、面倒であっても下請業者を経由して行う等配慮が必要になります。

【建設業向け】偽装請負にご注意を!

ただし、今後はCの業務形態が、Bとの関係で業務委託ではなく、雇用契約であった!と判断されてしまうこともあります。

その場合、BがCの時間外手当の危険、社会保険の支払い、労災事故の責任等の負担を負うことになり、様々な支障が出てきてしまいます。

現在の業務形態についてご不安がある場合には専門家にご相談ください。

お問い合わせフォーム

以上

文責:弁護士 渡邉優

※上記記事は、本記事作成時点における法律・裁判例等に基づくものとなります。また、本記事の作成者の私見等を多分に含むものであり、内容の正確性を必ずしも保証するものではありませんので、ご了承ください。

個人情報保護法改正に伴い法定刑が引き上げられました

1. はじめに

時々「●●株式会社が個人情報を漏えいした」と言ったニュースを見かけられることがあるかと思います。

高度な情報化社会の発展に伴い、個人情報保護の要請が強まり、日本はまだ他の国ほど強い規制を敷いているわけではありませんが、今後個人情報の保護に関する法律による規制や罰則の強化が予想されます。

続きを読む

【法人破産】会社の破産について

新型コロナウイルス感染症の拡大が長期化している影響を受けて、「取引先が破産してしまった」「取引先が破産したのだけれど、今後の債権回収はどうなるの」といった相談が多くなってきました。

続きを読む

【賃貸借終了時】残置物の処理等に関するモデル契約条項の活用・注意点【弁護士解説】

令和3年6月7日、残置物の処理等に関するモデル契約条項(ひな形)を策定した旨の国土交通省からの発表がありました。

残置物の処理等に関するモデル契約条項(ひな形)の策定について
~円滑に賃貸住宅の残置物を処理する方法をお示しします~

続きを読む

企業様必見!刑事告訴についての解説!

企業様で刑事トラブルが発生することもあるかと思います。

そのようなケースで、刑事事件として犯人を処罰したいとき、刑事告訴という手段が有効です。本記事では、刑事告訴の意味、手続の流れ、注意点などを説明します。

続きを読む

すぐに相談できる弁護士はいますか?-預金の仮差押えを受けてしまったら-

会社にとって緊急に弁護士に相談しなければならない事態の一つとして、預金口座の仮差押え(預金債権の仮差押え)を受けた場合が考えられます。

預金口座の仮差押えを受けた場合、少なくとも仮差押えを受けた金額は口座から動かせなくなってしまいます。そのため、一刻も早い仮差押えの解除を行う必要があります。

続きを読む

2020年(令和2年)4月1日から法定利率が変わりました。

1. はじめに

法定利率に関するルールが、2020年(令和2年)4月1日から施行された改正民法で大きく変わりました。

特に、法定利率の改正は、交通事故分野における損害賠償額算定のルールにも大きな影響を与えました。今回は、法定利率の改正が損害賠償実務にどのような影響を与えるのかをお伝えします。

続きを読む

【事業承継対策】自社株の評価減対策について

事業承継を行うにあたっては、後継者が自社株のほとんどを取得し、経営支配権を確保する必要があります。

しかし、自社株の評価額が高い場合には、相続税や贈与税の負担が大きくなってしまい、円滑な事業承継が難しくなってしまうおそれがあります。そこで、事業承継を検討する場合には、早い段階から自社株の評価を引き下げる対策を考えることが大切です。

今回の企業法務ブログでは、円滑な事業承継に向けた自社株の評価の引下げの方法について、いくつかご紹介いたします。

続きを読む

労働組合との合意文書はよくよく確認を!

労働組合を有する会社においては、賞与の支給前に労働組合より賞与の要求交渉が行われているかと思います。

大手航空会社が労働組合に対して賞与0回答を行う等の報道もありましたが、新型コロナウイルスが猛威を振るう昨今の状況において、賞与として何か月分を支給するかギリギリの交渉が行われているのではないでしょうか。

本日は、労働組合との合意文書についてはよくよく確認を行う必要があるという事例として、東京都労働委員会より令和3年4月8日に報道発表された、協定書で定めらえた賞与の文言が事後的に争いになった事例をご紹介します。

大和製作所事件命令書交付について

続きを読む

労働者の仕事内容を変更したい!-「配置転換」の諸問題

1. はじめに

「本人の適正の問題から、労働者の仕事内容を変更したい」「会社の業務量の兼ね合いから、別の部署に移動させたい」-等々、会社を経営する上で、配置転換の問題は避けて通れません。

良くありがちな誤解として、「配置転換は会社が自由にできる」というものがあります。配置転換もやり方を間違えると、大きな労使紛争になり、予想外のダメージを会社が負うこともあります。

つい先日も、運送会社において、運行管理者として勤務していた労働者に倉庫内勤務を命じたところ、その配置転換が無効とされたという事案(名古屋高等裁判所の裁判例)が日本経済新聞に掲載されており、SNS等で大きな注目を集めていました。

今回は、配置転換の諸問題についてお話させていただきます。

続きを読む