無料をうたう求人広告に改めてご注意ください

無料求人広告だと思って広告掲載を行ったところ、突然多額の求人広告料金の請求を受けるという求人広告を利用したトラブルについて、相談を受ける機会が改めて増えています。

このトラブルは、かつて全国各地で問題が起こり、日本弁護士連合会でも「無料インターネット求人広告トラブルが増えています」と注意喚起を行っています。

無料インターネット求人広告トラブルが増えています

また、各地の弁護士会でも注意喚起が行われています。

当事務所でも、2019年4月に粟津弁護士が【「無料」を謳う求人広告掲載の勧誘にお気を付けください】というブログを投稿しています。

「無料」を謳う求人広告掲載の勧誘にお気を付けください

2021年になった現在でも引き続き発生しており、コロナ禍においても突然多額の求人広告料金の請求を受けるというトラブルは依然として発生し続けています。

ご相談をお受けするトラブルの内容は2019年と変わっていません

2019年4月の記事において、実際のトラブル例として、

  • 「無料」を謳って求人広告サイトと評する求人広告への掲載を勧誘される。
  • 申し込みを行っても特に応募や成果はない。
  • 一定期間経過後、数万円から数十万円の掲載料を請求される。

というご相談を受けることが紹介されています。

2021年においても同様の手法で勧誘が行われており、ご相談の内容は当時から変わっておりません。

求人広告の効果は0

掲載された求人広告サイト自体がとても簡易的なものであり、広告費用も投下されていないことが明らかなものです。よって、求人広告としての効果は0であり、応募はまずありません。

にもかかわらず、期間経過に伴う自動更新等により掲載料を請求されてしまうのです。そして、数十万円という支払いが不可能ではない金額であることから、「求人広告は確かに出ていたのだから、費用は払わなければならないのかもしれない・・・」と思って、弁護士に相談することなく、支払を行ってしまう方がいらっしゃるものと思います。

対策について

2019年4月の記事において、法的な問題として、契約の不成立や錯誤、詐欺取消の主張が紹介されています。

2021年においても基本的な対策は変わりありません。

契約不成立という主張は、「無料です!」と強調しており、小さな文字で自動更新の記載がされていたとしても、そもそも有料契約に自動更新されるという合意がなされていない以上、契約として成立していないという主張です。

また錯誤の主張は、契約の根幹である料金について無料と誤信していて申し込んだのだから錯誤があるという主張です。

そして詐欺取消の主張は、価値のない求人広告を形だけ行って価値があると装い、有料契約に自動更新になることを秘して料金を請求したのであるから、詐欺として取り消すことができるという主張です。

最後に

安易に業者の請求に応じないことが何より重要です。千葉県を含め全国で中小企業を中心に頻発していますので、改めてくれぐれもお気を付けください。

契約の際には内容について十分にご検討いただき、少しでも疑問な点があれば弁護士にご相談ください。

以上

文責:弁護士 根來 真一郎

「最低限これだけはしておきたい」-同一労働同一賃金の対応

1. はじめに

新型コロナウイルスの対応で各企業が対応に追われる中、今年の4月1日より、中小企業においても「同一労働同一賃金」の対応が必要となります。

しかし、施行日まで3か月を切った現時点においても、体感としては、多くの中小企業において、同一労働同一賃金の問題が棚上げになっているという印象を受けています。


続きを読む

【強制執行】民事執行法改正の概要について

令和2年11月27日に、債務者の財産状況調査と債権回収の実務に関する無料オンラインセミナーを開催いたしました。このセミナーでは、相手方が保有する財産の調べ方や、改正された民事執行法を用いた具体的な債権回収方法についてお話ししました。

今回の企業法務ブログでは、セミナーで扱った改正民事執行法の概要について、ハイライトをお届けします。

続きを読む

【強制執行】法的手続きにより強制的に債権を回収する方法について

企業の経営をしていくにあたり、取引先が契約通りに支払いをしてくれないことで、未回収のままとなっている債権が発生することがあります。

今回の企業法務ブログでは、未回収となっている債権の回収方法について、解説いたします。

続きを読む

AI、活用しています-当事務所の契約書レビューの取り組み

はじめに

先日、LegalForce様より、当事務所の契約書レビューの取り組みにつき、インタビューを受けました(インタビュー記事はこちらから)。

当事務所では、クライアントの皆様に、迅速かつ質の高いリーガルサービスを提供できるよう、契約書のレビューにおいて、AI(リーガルテック)を活用しております。

続きを読む

【中小法人等】持続化給付金の対象、申請方法のまとめ

持続化給付金はまだ申請ができます。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が解除されましたが、まだまだ予断を許さない状況が続いています。

中小企業の方々におかれましては、緊急事態宣言により事業に大きな影響を受けられた方もいらっしゃるかと思います。

続きを読む

新型コロナウイルスと整理解雇

新型コロナウイルスの影響で売上が減少し、人員整理を検討せざるを得ないという企業様が増えております。

そこで今回のブログでは、人員整理の方法としての整理解雇を行う上での注意点についてお話しさせていただきます。

※以下の情報は令和2年6月17日現在の情報のため、内容に変更の可能性があります。

続きを読む

パワハラ防止法の企業対応をコンパクトに解説します!ー 改正点、外部相談窓口など

はじめに

令和2年6月1日より、大企業において、いわゆる「パワハラ防止法」が施行されることとなりました。中小企業は令和4年4月1日からの施行となります(ただし、同日までの間も「努力義務」がございます)。

続きを読む