ファクタリングの使い方にはご注意を

1. ファクタリングとは

ファクタリングとは、売掛債権に保険をかけてリスクを回避したり、未回収の売掛金を第三者に買い取ってもらうサービスになります。

具体的には、ファクタリング利用企業が取引先に持っている売掛金について、その売掛金の支払日が翌月以降となっている場合に、その売掛金をファクタリング会社に売却(債権譲渡)し、ファクタリング利用企業が売掛金を回収した後にファクタリング会社に回収した売掛金を渡すというのが一般的に多く見られる方式になります。

近年では、売掛金を素早く現金化できるということで企業にとっても魅力的なサービスとなっていて、新型コロナウイルスの影響により、最近は利用客も増加傾向にあるとのことです。

2. 給与ファクタリング

最近では、従業員が会社に対する給与債権を第三者に売却して現金化する給与ファクタリングというものが新聞等で取り上げられるようになりました。

給与ファクタリングは、形式的には給与債権を譲渡するという形が取られていますが、そもそも給与債権を第三者が譲渡を受けても会社に対して請求できる性質のものではなく、実質的にはファクタリング業者からその従業員にお金を貸し付けて利息を上乗せして返済してもらうというものになることから、金融庁は貸金業に該当するという見解を示しています。

貸金業にあたった場合には、貸し付けたお金の返済の際に付けられる利息に法律上の制限が加わることになるのですが、給与ファクタリング業者は、法定の上限よりも高い利息を取っていたことから問題となりました。

給与の買取りをうたった違法なヤミ金融にご注意ください!

3. 会社におけるファクタリングのリスク

すでに述べたとおり、ファクタリングは本来的には支払期日が未到来の売掛金債権を売却することで現金化を図るという点においてファクタリング利用企業には大きなメリットがあります。

しかし、給与ファクタリングの問題と同様、売掛金債権をファクタリング会社に売却する際には、買取価格が実際の売掛金の額よりも低額に設定されていることが多いため、最終的に手元に入ってくる現金は、ファクタリングを利用しなかった場合に比べて少なくなってしまいます。

一時的な現金不足に対応するためにファクタリングを用いることは有益だと考えられますが、ファクタリングを続けてしまうことで、結局は行った仕事の利益をすべてファクタリング会社に持っていかれてしまい、財務状況がより悪くなる可能性があります。

4. まとめ

ファクタリングは迅速な資金調達手段としては有益ですが、何度も利用することで会社に悪影響も及ぼす可能性があることをご認識頂く必要があります。

ファクタリング業には自主規制団体(一般社団法人日本ファクタリング協会)があり相談窓口ももうけられています。

もしファクタリングでご相談事が有りましたら、弁護士や相談窓口をご利用いただければと思います。

以上

文責:弁護士 加藤貴紀