【事業承継対策】自社株の評価減対策について

事業承継を行うにあたっては、後継者が自社株のほとんどを取得し、経営支配権を確保する必要があります。

しかし、自社株の評価額が高い場合には、相続税や贈与税の負担が大きくなってしまい、円滑な事業承継が難しくなってしまうおそれがあります。そこで、事業承継を検討する場合には、早い段階から自社株の評価を引き下げる対策を考えることが大切です。

今回の企業法務ブログでは、円滑な事業承継に向けた自社株の評価の引下げの方法について、いくつかご紹介いたします。

続きを読む

相続法改正(遺留分制度)、事業承継がしやすく変化!

当ブログの中にある、「経営者こそ遺言の作成を!」と題する記事にも記載されている通り、経営者様の事業承継対策の一つとして、遺言書作成を早期に検討することは非常に重要です。

また、2018年7月6日の国会において、民法中の相続に関する規定等を改正する法律案が可決され、成立しました。

続きを読む

2019年、今年から大きく変わる「自筆証書遺言」について、ご説明します!

当ブログの中にある、「経営者こそ遺言の作成を!」と題する記事にも記載されている通り、経営者様の事業承継対策の一つとして、遺言書作成を早期に検討することは非常に重要です。

また、昨年の国会において、民法中の相続に関する規定等を改正する法律案が可決され、成立しました。

続きを読む

新たに創設された事業承継税制(贈与税・相続税の納税猶予及び免除制度)について、ご説明します!

経営者様の高齢化および後継者の不在といった事情から、事業承継が大きく注目されてきています。

最近では、中小企業庁でも事業承継ガイドラインを10年ぶりに策定するなど、事業承継の制度が大きく変わってきており、国を挙げて事業承継の支援がなされるようになってきました。

続きを読む