業種 -
お困りの問題
担当弁護士

相談前

元従業員から、勤務先であった会社の社長に対して損害賠償請求がなされた事案です。

会社の社長は、元従業員から損害賠償請求の訴訟を提起されていたことから、その訴訟対応をお願いしたいということでご依頼を受けました。

相談後

元従業員からの損害賠償請求については、会社の業務に従事したことによって損害が生じたのか等の事実関係が不明な状態でした。

そこで、元従業員に対して、反論の書面を提出しました。そして、何回かの期日を経て、元従業員との間で有利な内容で和解することができました。

弁護士からのアドバイス

元従業員からの請求については、証拠が十分でないことも多々あります。たとえば、元従業員が会社の社長に対して、パワハラを理由に損害賠償請求してくるケースもありますが、具体的な事実を特定できておらず、立証ができていない場合もあります。

特に、訴訟を提起する場合は原告側が立証する必要があるので、会社としては毅然とした態度で臨めばいい場合もあります。問題が生じた場合は、専門家になるべく早くご相談されるのがいいかと思います。