業種
お困りの問題 , ,
担当弁護士

相談前

会社を辞めた元従業員が弁護士に依頼して残業代を請求してきました。その弁護士が作成した労働時間の集計表を見たところ,本当にその内容が正確な労働時間を示しているのかがとても疑わしい内容でした。しかし,どのように反論を行ったり,どのような証拠を探して相手の弁護士に対抗すればよくわからずに相談にいらっしゃいました。

相談後

まずは,社長や他の従業員の方の目から見て,問題の従業員の労働時間のどのような点が疑わしいのか詳細に聴取を行いました。問題の従業員の業務内容,1日の流れ,その中で作成する記録や書面,触れる機械などについて詳細を確認しました。 その後,それを踏まえて,これまでの残業代請求に関する弁護士の経験と社長の知識・経験を総動員し,他に正確な労働時間を立証できる証拠がないかを探しました。 本件の場合には,無事会社側に有利な証拠が見つかり,その証拠を基に労働時間が不正確であることを相手の弁護士に主張することができました。その結果,交渉によって相手からの請求金額が大幅に下がり,比較的会社側に有利な金額で最終的な解決が出来ました。

担当弁護士からのコメント

近時,HP等で残業代請求を集客する法律事務所が増えたため,従業員や元従業員が弁護士を入れて残業代を請求して来る事案がとても増えています。弊所でも,会社側からの労務に関するご依頼で一番多いのが,この残業代請求の対応です。

相手からの請求を見ると,計算ミスなのか,若しくは作戦かもしれませんが,法律上通るとは到底思えない水準での計算をしてきている事案に遭遇することがあります。また,労働時間の記録や,それに基づく算定について,それが本当に正確な内容なのかが非常に疑わしい事案に遭遇することもあります。

残業代の事件においては,労働時間の集計の部分など,会社の業務と密接に関わる部分が多くありますので,社長や他の従業員の方のお話をよく聴いた上で方針を検討することが重要です。

従業員が日報や管理ソフトでの勤怠記録を出して来たり,自作の日記を出してこれらが正確な労働時間の根拠であると主張しても,他の証拠に照らすと,従業員の主張する労働時間の不正確さが明らかになることがあります。 例えば,ビルの入退出の管理記録,パソコン本体や社内ネットワークのログオン・ログオフの記録,GPSつきケータイ電話のGPS記録,取引先の記録などの証拠で従業員側の労働時間の立証を崩せることがあります。そのため,従業員側の労働時間の計算が怪しいと思ったら諦めずにこのような証拠がないか探すことが重要です。