訴訟について

1 制度

裁判所が、争いになっている権利について、証拠等に基づき判決を下す制度です。民事訴訟法に手続きが定められています。

2 手続概要

裁判所が、「法律上の争訟」、すなわち法律によって解決することができる権利をめぐる紛争を裁判により解決します。
裁判は、原告が訴状を裁判所に提出することにより開始されます。事件は、公開の法廷で審理されます。法廷では、当事者が作成した書類(訴状、答弁書、準備書面)等によって主張を述べ、証人尋問等の証拠調べも行われます。訴訟の終了は、裁判所による判決だけでなく、当事者による訴えの取下げや和解によることもあります。

また、訴訟による権利実現を保全するために、裁判所が一定の仮の措置をとる仮処分が申立てられることもあります。仮処分命令が認められるためには、「被保全権利の存在」と「保全の必要性」が必要となります。仮処分命令は、口頭弁論又は債務者が立ち会うことができる審尋期日を経て命じられることになります。

3 メリット

  • 和解が出来ず判決に至った場合、裁判所により強制力を持つ判断がなされます。

4 デメリット

  • 長期化の可能性があります。
  • 金銭的負担、精神的負担が大きくなります。
  • 和解が出来ず判決に至った場合、判決による硬直的な判断がなされることになります。
  • 公開の法廷で手続きが進むこととなるため、非公開にしたい事実が公開されてしまうことがあります