業種
お困りの問題 , ,
担当弁護士 -

相談前

もともとは別件のトラブルで相談を頂き顧問もさせていただいたのですが、そのうちに会社の経営面で売り上げ・利益の伸び悩み、社員教育のご相談も受けたことがきっかけで、継続的に会社の経営会議に出させていただくようになりました。また、社長は後継者の養成や選定についても悩みをお持ちでした。

相談後

会社では、定期的に幹部の経営会議を開いていました。しかし、経営上の課題について目標値等があるもののなかなか達成できない状況が続いていました。会議では、各支店毎の数字や取組、問題状況等の報告や分析がなされていましたが、各支店毎にいつまでに何をやるということが、日々の業務の忙しさから曖昧になっており、社長としてもなかなか管理ができていない状況でした。そのため、各支店毎の課題を明確化して、行うべきことの優先順位をつけて、その優先順位にそった進捗管理を行うといったことも整理させて頂き提案等させて頂きました。また、第三者的観点からお客様が会社に対して何を求めているのかという趣旨から、幹部の方の考え方・姿勢について抜本的観点から意見させて頂くこともありました。

また、広告費についても、かなり高額な費用をかけて行われていたため、その費用対効果のバランスを再検討等するだけでなく、会社が行う広告を各支店が最大限活用できているかどうかの検証等も行いました。
その他、各支店が個別にかかえるお客様との問題についても、法的側面をふまえながら解決方法をアドバイスさせて頂いたり、社員の方のプライベートの法律相談を受けることも行いました。また、社長については事業承継の問題がありますので、その観点からも相談を重ねて対応させて頂きました。

担当弁護士からのコメント

当事務所には、様々な経験を有する弁護士が在籍しております。弁護士というと法的問題の解決をするというイメージがあります。もちろんそれがメインの仕事であることにはかわりないのですが、会社の経営面に対しても、営業、販売促進、費用対効果の検証、人材育成等の面からでも、内部の方とは異なる第三者的観点から気づいた点をコメントさせて頂くことで、かなり参考になったと言って頂けるケースも多いです。また、社員の福祉という観点からもプライベートのことでも相談可にして頂いたことで、貢献できていると感じます。経営についても紛争予防という観点からも、問題が生じる前の会社の経営面から多岐にわたり関わらせて頂けることも有益であると感じています。