業種
お困りの問題
担当弁護士 -

相談前

運送業を営むA社は,業務委託先にお金を預けていましたが,業務委託先の人間が100万円以上のお金を横領していることが判明しました。そのため,今後の方向性につき弁護士に相談をしました。

相談後

100万円という多額の金銭であるため,金銭の返還を第一に考えるか,刑事処罰を第一に考えるかという点を弁護士と相談しました。社長の意見としては,絶対に相手のことを許すことはできないので,100万円が返金されなくてもよいので徹底的に刑事事件として手続きを進めていきたいという意向でした。そのため,弁護士名で刑事告訴を行い,警察の捜査に委ねるということにしました。最終的に,犯人は逮捕直前まで行きましたが,犯人が100万円を返済してきたため,逮捕という段階までは最終的には至りませんでした。結果として,100万円が返済されたという結論になりました。

担当弁護士からのコメント

  • 横領をされてしまった場合,刑事処分を重くすることとすることと金銭の返金を優先と考えることが多いです。