業種
お困りの問題
担当弁護士

相談前

ご相談者様は建築関係の会社です。

長年取引関係にあった取引先から徐々に請負代金を支払ってもらえなくなっていた状況でした。未納額がたいした額になっていなかった早期に解決した方が良いとのことでご相談になりました。

相談後

今まではご相談者様ご本人が取引先に対し請求をしていたのですが、相手方は電話に出なかったり、書面での請求も無視したりという状況でした。

そこで受任のうえ、弁護士名義で通知書を作成のうえ未払いになっていた請負代金を請求のうえ、相手方と交渉をしました。何度か交渉を重ねた結果、無事に未払いになっていた請負代金を回収することができました。

弁護士からのアドバイス

請負代金等の取引から生じる債権が回収できなくなり始めた場合、他の債権者に先駆けて回収することが重要になります。相手方がどの債権者にも支払えなくなっている場合は別として、相手方も人を見て支払ったり支払わなかったりしている場合が多いです。

そのため相手方のこちらに対する認識が「払わなくてもいい会社」「支払えるときに支払えばいい会社」となってしまう前にいち早く動き、相手方から「この会社(人)には払わないとだめだな」という認識を持ってもらえるようにするのが肝心です。