業種
お困りの問題
担当弁護士

相談前

A医院では,交通事故の患者さんが多く通院されていました。交通事故の患者さんからは院長やスタッフに対して,賠償金がどのように支払われるのかや後遺症がどのように認定されるのかという点について,多くの質問が寄せられていました。

しかし,院長やスタッフは交通事故事案がどのように解決されるを知らず,患者さんに対して具体的なアドバイスができないという状況が続いていました。

院長としては,交通事故患者の方に何かいいアドバイスができないか悩んでいました。

相談後

A医院から相談をうけた当事務所は,交通事故チームの弁護士を医院に派遣し,まずは医療スタッフ向けに,交通事故賠償や後遺症の認定手続きに関する研修を行いました。

その上で,交通事故患者さんへの無料法律相談会を病院内で定期的に開催することとしました。病院内にポスターを掲示し,弁護士の無料相談を希望される方には予約をいれてもらい,相談会を実施しました。

そうしたところ,交通事故患者さんへの対応がスムースになり,口コミで交通事故患者さんが増えたとのことでした。

担当弁護士からのコメント

交通事故賠償の分野は,医療と法律が交錯する分野であり,交通事故被害者救済のためには,医療分野(医師・医療スタッフ)と法律分野(弁護士)の相互理解が極めて重要だと考えています。

賠償や後遺症認定の仕組みを被害者に理解してもらい,不安を取り除くとともに前向きに治療できれば,回復に向かいやすいと思います。一方で,後遺症が残る可能性があるケースでは,後遺症立証のための検査や診断書を十分に準備しなければなりません。

今後も交通事故患者救済に理解を示して下さる病医院と連携していきたいと思います。