業種
お困りの問題 , ,
担当弁護士

相談前

当事務所では従前から医療機関の顧問弁護士として,労働問題やクレーマーへの対応を行っていました。また,医療機関に対して,交通事故賠償や後遺症の認定に関するセミナーも多数開催していました。

そんな中,近隣の医師会の学術講演会のコーディネートを担当していた医師会員の先生から,法律分野の講演をしてもらいたいとの依頼がありました。

相談後

当事務所はまず,多くの病医院が直面しやすい,①労働問題(残業代や解雇の問題),②クレーマー対応,③行政への対応及び④債権回収(未収医療費の問題)をテーマに講演を行いました。

その他にも,整形外科の先生方向けに,交通事故賠償の基礎や後遺症認定の仕組み,後遺症と必要な検査,交通事故患者への対応方法等に関する講演を行いました。

最近では,遠方の医師会からも依頼をいただき,交通事故賠償に関する講演を行う予定です。

担当弁護士からのコメント

医師の先生方は,日々の治療で多忙を極めますが,病医院も一般の企業と同様,法的なリスクが生じる場面があります。

一旦法的なリスクが生じてしまうと,本業への影響が非常に大きく,地域医療に対する悪影響すら出かねません。

当事務所では,病医院が安定した経営を行えるよう,病医院が抱える法的リスクについて引き続き支援・対応していきたいと考えております。