「むきてんかん」ってご存知ですか?

漢字にすると「無期転換」となります。ここ最近、企業や国立大学などで、社員や職員に対してこの制度が適用されることを避けるために「雇止め」と言われる契約期間の更新の拒絶を一斉に行ってニュースになっています。そのため、皆様も新聞やニュースでこの言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか? 続きを読む

解雇無効で1億円!- 解雇に潜む企業リスクについて

平成29年10月13日、東京地方裁判所は、プルデンシャル生命保険株式会社が行った懲戒解雇は無効と判断し、未払い給与(2年9カ月分)として、1億円強の支払を会社に命じました。

報道によると、①顧客への勧誘時に不実の説明を行った社員に対し、業務停止3日の懲戒処分を命じたが、②これに社員が応じなかったため、会社が懲戒解雇を行ったという事案につき、③社員が業務停止に服さなかったことにより、会社に見過ごすことができない損害が生じたとまでは認められないため、解雇は相当性を欠く、という旨の判断がなされたようです。 続きを読む

Q&A やめて欲しい従業員がいるのですがどのように進めればよいですか。

Q. やめて欲しい従業員がいるのですがどのように進めればよいですか。

A. まずはよく話し合って退職届の作成をしてもらえるかどうかを検討しましょう。どうしても合意に至らない場合には会社が一方的に行う手続きである解雇ができるかどうかを検討しましょう。 続きを読む

Q&A 建物賃貸借で契約書で定めた期間が経過しても借主が出ていかない場合どうすればよいですか。

Q. 建物賃貸借で契約書で定めた期間が経過しても借主が出ていかない場合どうすればよいですか。

A. 解約に正当事由があるかどうかを検討した上で正当事由があると思われる場合には交渉・調停・裁判で明渡を実現しましょう。 続きを読む

Q&A 創業する際に法務の観点から注意すべきことは何ですか。

Q. 創業する際に法務の観点から注意すべきことは何ですか。

A. 持株比率の問題、社員・役員の問題、許認可の問題、法律上の規制の問題、知的財産の問題、顧客の引き抜き等の問題、契約書の問題があります。 続きを読む

Q&A 契約書は必ず作らないといけませんか。

Q. 契約書は必ず作らないといけませんか。

A. 契約金額や取引の相手方との力関係などにもよります。契約金額が大きい場合や、取引の相手方に契約書の作成を依頼しても問題がないような場合には契約書を作成しておくことをお勧めします。

続きを読む

債権回収で裁判をする場合の一番のポイント

取引先の売掛金が回収できないなど、債権回収ができないとき、話し合っても仕方がないので裁判を検討するということはよくあります。その際に、一番重要なポイントは何でしょうか。

実は、一番重要なポイントは、「相手の財産を把握できているかどうか」です。

裁判で勝ったとしても、裁判所がお金を支払ってくれるわけではありません。裁判所はあくまで判決文などの紙を発行するだけです。判決などを取得した上で、「ここに財産がありますよ」と裁判所に申告をすれば、裁判所は財産の差押をしてくれます。

続きを読む

Q&A 出来の悪い従業員を辞めさせたいのですがどうすればいいですか。

Q. 出来の悪い従業員を辞めさせたいのですがどうすればいいですか。

A. 日本の法律では従業員の権利は強く守られています。会社からの一方的な解雇をすることなく、従業員と合意の上、従業員に退職してもらうようにしましょう。

続きを読む