「就業規則」は誰のためにあるのか?

 会社側の労務問題を多く扱う中で、色々な企業様の就業規則を目にします。

また、これまでは就業規則がなかったので、新たに作成して欲しい、というお話をいただくこともございます。

そのような中で、ふと「就業規則は誰のためにあるのか?」という疑問が出てきました。

というわけで今回は、特にホットな話題!というわけでもないのですが、「就業規則」についてお話をさせていただきます。

1.そもそも就業規則とは?

就業規則は、一言で表すと、「その会社の法律」です。

ご存知の方も多いと思いますが、常時10人以上の労働者を使用する使用者は、労働者の意見を聞いた上で就業規則を作成し、労働基準監督署に届出を行う必要があります(労基法89条、90条。違反時の罰金規定あり(120条1号)。

また、作成した就業規則は、適宜の方法により各労働者に周知する必要もあります(106条)。

一定数の従業員がいる会社では、全社的な統一のルールを定める必要性が大きいですし、一度決めた労働条件を一斉に変更しなければならない場面も出てきます。

仮に就業規則がなければ、労働者毎に個別に労働条件を変更する必要がありますが、これは現実的ではありません。

就業規則は、集団的な労使関係を(ある程度)統一して管理するために必要不可欠なツールといえます。

2.就業規則を作成しない理由?

上記1で記載したとおり、常時10人以上の労働者を使用する会社においては、就業規則の作成・届出は法的義務となっています。

しかし、実際には、10名以上の労働者を雇用しているにも関わらず、就業規則を作成していない企業は数多く存在します。

理由を聞いてみると、「そのようなルールを知らなかった」という企業様も一定数おりますが、一番多いのは、「これまで特に問題が発生しなかったので、作成しなかった」というものでした(あくまでも私が聞いた限りですが)。

3.就業規則がないとどのような不都合があるのか?

無断欠勤、遅刻、さぼり、職場内でのトラブル、繰り返される業務上のミス、業務命令違反、横領等々…従業員を雇用する以上、さまざまな「問題行動」が発生することがあり、経営者の頭を悩ませます。

問題行動に対しては、反省文を書かせる(けん責)、減給処分、出勤停止、懲戒解雇等々、何らかの処分を科す必要がありますが、就業規則が存在しない会社においては、こういった懲戒処分(制裁的な意味合いを持つ処分)を科すことはできないと解されています。就業規則はあるものの、懲戒についての定めがなかったり、従業員への周知がされていない場合も同様です。

ここで禁止されるのはあくまでも「懲戒処分」ですので、例えば労働者に口頭で注意するとか、任意に反省を促すとか、問題行動が酷い場合には退職を勧める(退職勧奨)、場合によっては普通解雇を行うとか、そういったことまでは禁止されていません。

しかし、企業秩序を保つ上で、労働者に制裁的な処分を科すことが必要な場面は多々あります。1人の問題行動を野放しにすることは、他の労働者の不満を生み、企業秩序、企業そのものの崩壊を招きかねません。

就業規則が存在しない(=懲戒処分ができない)ということは、そのようなリスクを抱えながら経営をするということと同義であると、まあここまで言い切れるかどうかはさておき、少なくとも「法的義務であるから作成する」という意味合いを超えて、企業経営にとって不可欠なものであると、個人的には考えています。

4.おわりに

最後までお読みいただきありがとうございました。

企業秩序を守り、企業の経営を維持・発展させることは、会社のためだけではなく、その会社に雇用される全ての従業員を守るためでもあります。

「就業規則は誰のためにあるのか?」という問いに対する答えは、「会社・労働者の双方のためにある」、という結論になるのではないでしょうか。

以上

文責:弁護士 村岡つばさ

飲み会における飲酒強要とパワーハラスメント

3月ということで、気候もすっかり暖かくなりました。年度末にむけての追い込みや新年度に伴う異動、新入社員の入社等、飲み会も増える時期と思います。

さて、飲み会となると、発生しがちなのでお酒に伴うトラブルです。お酒に伴うトラブルも無数に考えられますが、今回は飲酒強要に関するパワーハラスメント(アルコールハラスメント)の観点に絞って考えてみたいと思います。

続きを読む

時間外労働規制に対応できないとどうなる?

ここ最近、弊所のブログでは、働き方改革関連法案の取り扱いが増えており、前回も今村から時間外労働の上限規制のお話をさせていただきました。

残業時間の上限規制はいつから?違反したら罰則?
(詳しい内容は上記ブログ記事をご覧ください。)

最近、顧問先企業様や知り合いの社会保険労務士の先生方から「対応できないと、結局どうなっちゃうの?」というご質問をいただくことがあります。

確かに、このようなリスクの具体的な内容はあまり情報として出回っていないような気がします。

そこで、今回は時間外労働の上記規制に対応できないとどうなってしまうのか、これまでの経験に基づいて、どんなリスクがあるのか予測してみたいと思います。

続きを読む

残業時間の上限規制はいつから?違反したら罰則?

1 働き方改革、本当にご存知ですか?

みなさん、「働き方改革関連法」という名称は聞いたことがあると思いますが、その内容と導入時期までご存知でしょうか。

働き方改革の実施項目は多岐にわたるため、全てを理解している人のほうが少ないかもしれません。たとえば、日本商工会議所による「働き方改革関連法への準備状況等に関する調査」の結果が公表されました(2019年1月公表)。

続きを読む

働き方改革関連法案ー派遣のあり方が変わる!?

働き方改革といっても、何が変わるのかいまいちピンとこない…こういった企業様も多いと思います。巷では、長時間労働の規制と、有給休暇の取得の部分が大きく報道されていますが、実は、労働者派遣法(正式名称は、労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律)についても、非常に大きな改正がなされました。

続きを読む

突然起こる労災事故、ここに注意!!

暑気払いや忘年会のシーズンになると、「職場の飲み会で飲みすぎた従業員が帰り道に転倒したら会社は責任を負うのか!?」なんて話題がよくでますよね(…でないですかね。)。

このようなケースではそもそも労働災害に該当するか(難しくいうと業務遂行性や業務起因性)が問題になるのですが、もし労災事故が起きてしまった場合に、会社がどんな責任を負うのか、会社側は何をすべきなのかという問題までご存知でしょうか。

続きを読む

パワハラの防止策作りを企業に義務付け?わかりやすく説明します!

現在、厚生労働省では、パワハラによる悪影響を重大視し、パワハラの防止策の策定を企業に義務付ける法整備を行う方向で検討しており、悪質な企業については、企業名の公表も検討されています。

そこで、本日は、企業様が気になる指導とパワハラの境界線についての基準をご紹介します。

続きを読む

有給休暇の取得が義務化に!?―「使わせる」だけではアウトに

「有給の制度はあるけど、利用している人は多くない」「従業員から求められたら、有給として取り扱っている」…こういった処理を行っている企業様がほとんどだと思います。

しかし、「働き方改革関連法案」の成立により、企業における有給休暇の処理は、今後、大きく変わることとなります。

今回は、働き方改革関連法案のうち、企業様に大きな影響が生じるであろう「有給」の問題をお話させていただきます。

続きを読む

SNSの利用にご注意を

近年FacebookやTwitter等のSNSを利用して自社の広告や告知を行う企業様が増えていらっしゃると思います。
その一方で、従業員がSNSを利用して不適切な投稿をして、いわゆる「炎上」したというニュースも度々報道されています。

SNSは、不特定多数の利用者に対して情報を発信するためには非常に優秀なツールではありますが、従業員の方の不適切な利用方法によって会社の評判を下げてしまうリスクも潜んでいます。

そこで今回は、従業員によるSNS利用に潜むリスクと対応策についてお話させていただきます。

続きを読む

近時のセクハラトラブル 傾向と対策

最近、スポーツ業界の「パワハラ」問題が世間を賑わせています。他方で「セクハラ」の問題についても、自治体や官庁などで最近話題になっていたのが記憶に新しいところです。

今回は、企業にとっても重大な問題である「セクハラ」について、私が思う最近の傾向と対策をお話したいと思います(あくまでも個人的な感覚に基づく話が中心です。あらかじめご了承ください。)。

続きを読む