税務調査とは何ぞや?

税務調査

「○○さんのところに税務調査が入ったらしい…」

こんな噂を聞いたことはあるかもしれません。

では税務調査とはなんでしょうか?

税務調査は3つに分けられます。

  • 課税処分のための調査
    申告内容(無申告の場合、その内容)について、申告内容が適正であるかを確認し、場合によっては是正するための調査です。
  • 滞納処分のための調査
    納税者が租税を滞納した際に、差し押さえの対象となる財産が滞納者に帰属しているか、財産はどこにあるのか等を把握し差し押さえを行うための調査です。
  • 犯則調査
    脱税が疑われる場合に行う調査です。

「○○さんのところに税務調査が入ったらしい…」という噂

この税務調査は、課税処分のための調査が多いと思われます。

調査の事前通知

税務調査ですが、基本的には調査を知らせる事前通知が調査実施日の2~3週間前(あくまで目安です)にあります。

税務署等から、口頭(電話)にて通知されることがほとんどです。

現金商売をしている飲食店などは、事前通知がなく税務調査が行われる場合があります。

調査日時の変更

すその税務調査を拒否した場合には、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金が科される(国税通則法128条2号)可能性がありますので、適法な税務調査には応じましょう。

かといって、急に来るのが事前通知です…

ただし、やむを得ない事情がある場合には日時の変更は可能です。税務署等に、病気や業務上やむを得ない事情がある場合には、税務署に連絡し、日時を変更してもらいましょう。

打合せや事前準備

調査の事前通知があった場合には、関与税理士や顧問弁護士と相談し、調査対象年分の申告内容や帳簿などの資料を再確認したうえで、指摘事項を予想し、対策を立てましょう。

調査官から指摘されそうな事項については、税務面のみならず、法律面からも説明ができるように、入念に準備しておくことで、税務調査に対応することができます。

税務調査では、必要に応じて、調査官が帳簿類を預かることがありますので、業務に支障がでるような資料があれば、事前に写しをとっておくべきでしょう。

実施日の立会い

税務調査については、税理士や税理士業務を行う旨の通知等を行った弁護士が立ち会うことができます。

税務調査中に、調査官から資料の提示を求められることがあります。

正当な理由なく拒否した場合や、虚偽の記載のある書類等を提出した場合、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金が科される(国税通則法128条3号)可能性があるので、ご注意ください。

実際にどの書類を拒否すべきか、その場ではわからないこともありますので、税理士や弁護士のような専門家に立会いを依頼し、その場で専門家に確認すべきでしょう。

税務調査の事前通知は突然来ますが、慌てずに専門家にご相談ください。

以上

文責:弁護士 渡邉優

AI、活用しています-当事務所の契約書レビューの取り組み

はじめに

先日、LegalForce様より、当事務所の契約書レビューの取り組みにつき、インタビューを受けました(インタビュー記事はこちらから)。

当事務所では、クライアントの皆様に、迅速かつ質の高いリーガルサービスを提供できるよう、契約書のレビューにおいて、AI(リーガルテック)を活用しております。

続きを読む

【中小法人等】持続化給付金の対象、申請方法のまとめ

持続化給付金はまだ申請ができます。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が解除されましたが、まだまだ予断を許さない状況が続いています。

中小企業の方々におかれましては、緊急事態宣言により事業に大きな影響を受けられた方もいらっしゃるかと思います。

続きを読む

新型コロナウイルスと整理解雇

新型コロナウイルスの影響で売上が減少し、人員整理を検討せざるを得ないという企業様が増えております。

そこで今回のブログでは、人員整理の方法としての整理解雇を行う上での注意点についてお話しさせていただきます。

※以下の情報は令和2年6月17日現在の情報のため、内容に変更の可能性があります。

続きを読む

安易な解雇は注意が必要です!解雇時のリスクについて

1. ご相談でよくある事例

当事務所では、使用者側の立場で労務問題を多く扱っているため、解雇に関するトラブルを社長様からご相談をいただくことが多くあります。

ご相談を受ける多くのケースでは、従業員と使用者側で既にトラブルになっているケースが多いです。

続きを読む