ある日、突然「労働審判手続申立書」が届いたら-労働審判対応について

「裁判所からいきなり、「労働審判手続申立書」なる書面が届いたのですが…」このようなご相談を受けることが、多くあります。

当事務所では、千葉県の企業様を中心に、労働審判の案件を多く取り扱っております。

今回は、労働審判とは何ぞや?というお話から、企業が行うべき初動対応まで、ブログを書いてみたいと思います。

1.労働審判とはどのような手続か?

非常にざっくりと言いますと、「早期かつ円満な解決のため、裁判所を通じ、労使双方で話し合いを行いましょう」というものです(ざっくり過ぎますね…。)。

裁判所を利用する手続ですが、裁判とは異なる手続で、以下の特徴を有しています。

  1. 早期解決を志向した手続である点
    労働審判は、原則として3回以内の期日で審理が終結となるため、裁判と比して、早期に解決することとなります。初回の期日で解決することも多く、平均の審理期間も、3か月を下回る程度です。
    他方、裁判の場合、期日が二桁以上となることも多々あり、解決までに1年以上かかる事件も多くあります。
    紛争が早期に解決するという点は、労働者だけでなく、会社側にとっても、大きなメリットといえます(解決水準の問題、紛争対応コストの問題。特に解雇事案では、時間がかかればかかるほど、解決金の相場は高くなるのが通常です。)。
  2. 柔軟かつ円満な解決が実現できる点
    労働審判では、裁判以上に、話し合いでの解決(調停成立)が重視されます。それ故、事案に応じ、柔軟な解決が可能と言えます。
    勿論、裁判においても、判決まで至る事件はそれほど多くはなく、審理の途中で、適宜和解での解決が試みられます。しかし、ある程度両当事者の主張・立証が出揃うまでは、和解の話が出ないケースが通常です(裁判官によっても進行は異なりますが)。解決までに時間がかかるほど、また双方の主張がヒートアップするほど、円満な解決は困難となりますし、解決水準も高額になる印象を受けます。

2.会社のなすべき初動対応は?

労働審判は、会社側にとって、時間的に非常に厳しい手続です。

通常の訴訟の場合、初回の期日には出席せず、相手方の主張を争う旨を記載した答弁書を提出すれば、反論の準備期間を確保することができます。

他方、労働審判においては、早期解決という特徴から、初回期日への出席が必須であるだけでなく、すべての主張を初回期日までに出し切る必要があります。また、裁判所により指定された期日は、原則として延期・変更できないため、非常にタイトなスケジュール感となります。

私の経験したケースでも、ご相談いただいた時点で期日まで2週間を切っており、大急ぎで会社に赴いて関係者のヒアリング・証拠収集等を行い、期日に何とか間に合わせる形で書面提出、ということもありました。

形式的には、第2回期日の終了までに主張・証拠の提出を行わなければならないとされていますが、初回期日で合意がまとまるケースが多々あることを考慮すると、初回期日までにどれだけ準備をできるかが、解決を大きく左右するポイントです。

上記観点からすると、会社のなすべき初動対応は、「できるだけ早く弁護士に相談する」ことに尽きるかと思います。顧問弁護士がいなくても、顧問の社労士先生がいる場合には、まずは社労士先生にご相談いただき、知り合いの弁護士を紹介してもらうのが良いと思います。知り合いの弁護士がいない場合でも、どうにか早期に弁護士を探して、一度相談することをお勧めします。

3.おわりに

労働者(あるいはその代理人)から通知書が届く⇒交渉が決裂となり、労働審判の申立て、という流れを辿るのが通常であり、何の前触れもなく審判を申し立てられることは多くはありません。

①労使紛争を起こさないように社内規程を整備することや、②紛争が顕在化した初期段階での対応(交渉)が本来的には重要となりますが、労働審判を申立てられた場合には、いかに迅速に、適切に対応するかが重要となりますので、お困りの際はお気軽にお問い合わせください。

以上

文責:弁護士 村岡つばさ

セクハラと懲戒処分

複数の女子学生にセクハラ発言を行ったとして、停職6か月の懲戒処分を受けた大学院の男性教授が、処分が重すぎるため不当として無効確認等を求めた控訴審判決で、広島高裁が教授の請求を棄却する判断を行ったとの報道がありました。

続きを読む

インターネットにおける権利侵害の対応③

第3回では、プロバイダ責任制限法に規定がある発信者情報開示請求について説明をしたいと思います。

1.プロバイダの責任

特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律(以下、省略して「プロバイダ責任制限法」といいます)では、プロバイダの責任について定めています。

続きを読む

インターネットにおける権利侵害の対応②

第2回では、インターネットにおける権利侵害がなされた場合に、具体的にどのような方法が考えられるのか説明をしたいと思います。

1.訴外で侵害情報の削除依頼を行う

訴外で侵害情報の削除依頼を行うには、以下の方法が考えられます。

続きを読む