近時のセクハラトラブル 傾向と対策

最近、スポーツ業界の「パワハラ」問題が世間を賑わせています。他方で「セクハラ」の問題についても、自治体や官庁などで最近話題になっていたのが記憶に新しいところです。

今回は、企業にとっても重大な問題である「セクハラ」について、私が思う最近の傾向と対策をお話したいと思います(あくまでも個人的な感覚に基づく話が中心です。あらかじめご了承ください。)。

最近のセクハラの傾向 ~勘違いパターンが多い!?~

「パワハラ」は仕事上の指導との線引きが難しいといわれており、実際に指導の方法で悩んでいる会社の方は多いと思います。他方で「セクハラ」はどうでしょう?

正直なところ、パワハラのように「自分の言動がセクハラかどうかの判断が難しい」ということはあまりないのではないでしょうか?
少なくとも「セクハラかもしれない」といったレベルであれば、判断は容易にできるはずです。

にもかかわらず、いまだにセクハラトラブルが起きています。
それはなぜでしょうか?

私は「勘違い」に大きな原因があることが多いと最近感じています。
具体的にお話すると、主に以下の2パターンの勘違いがあるように思います。

  1. 自分の言動が相手に許されていると勘違い
  2. 相手が自分に好意をもっている(少なくとも嫌がっていない)という勘違い

「勘違い」の具体的な内容とは?

まず 1.自分の言動が許されていると勘違いするパターンですが、このパターンは、自分の言動がセクハラに該当しうるとある程度わかっていながら、それでも「相手が嫌がらないなら大丈夫だ。」と思っているものです。

しかし、当人は許されていると思っていても、実際は相手がその場の空気を悪くしないように気を使っているだけで、実際はとても不快に感じでいるということがよくあります。

このようなセクハラは、当の加害者本人が思っている以上に周りを不快にさせていることが多く、知らずに相手を精神的に追い込んでいってしまうことがありますので注意が必要です。
近時話題になった大阪の水族館に関するセクハラ事件の最高裁判決の事案も、このような勘違いが根本的な原因にあるといえそうです。

次に 2.相手が自分に好意を持っている(少なくとも嫌がっていない)と勘違いするパターンです。
このパターンは恋愛感情などを伴うことがあり、行為がエスカレートすると身体接触にも及びがちです。ひどい場合には、強制わいせつ等の犯罪にあたりうるような行為をしてしまうこともあります。
放置しておくと、非常に危険です。

勘違いセクハラをしないために ~対策~

まずは、何より、自分がセクハラに当たりうるような言動をすることを相手が許しているとは容易には思わないことが重要です。
何もセクハラに限りませんが、人によっては不快に感じるような言動は極力避けるべきです。

また、恋愛感情も伴ってエスカレートしてしまうようなケースの場合は、加害者本人の認識が問題ですので、どうしても加害者自身の自覚だけでは止まらない可能性があります。
そのような場合に備え、周りが人間関係に注意し、被害者から相談があった場合には適切な対応をとることが重要です。周りからみて行き過ぎてしまいそうな場合には、事前にそれを止めることも大切なのだと思います。

ハラスメントに関する対策や対応に悩んでいらっしゃる会社経営者の方はとても多いと感じています。
お悩みの方は是非、お気軽に当事務所にご相談ください。

以上

文責:弁護士 三井伸容