新たに創設された事業承継税制(贈与税・相続税の納税猶予及び免除制度)について、ご説明します!

経営者様の高齢化および後継者の不在といった事情から、事業承継が大きく注目されてきています。
最近では、中小企業庁でも事業承継ガイドラインを10年ぶりに策定するなど、事業承継の制度が大きく変わってきており、国を挙げて事業承継の支援がなされるようになってきました。

そこで今回は、平成30年税制改正において設けられた特例措置(事業承継税制(贈与税・相続税の納税猶予及び免除制度))のポイントについて、解説します。

1 事業承継の際にかかる税金~贈与税・相続税~

会社の株式が後継者に移る際、承継の方法によって税金の種類や課税される人は違えど、税金が課せられてしまいます。例えば、株式を相続により承継した場合には、後継者に相続税がかかりますし、生前に自社株式を後継者に贈与した場合には、後継者に贈与税がかかってしまいます。
経営者の方々は、自社株式の大半を保有していることが一般的なため、承継時に当該株式の評価額が高額となってしまい、上記税金が高額なものとなってしまうことが問題となってきます。

2 平成30年度改正事業承税制の概要

事業承継税制は、後継者である受贈者・相続人等が、株式を贈与又は相続等により取得した場合において、その株式等に係る贈与税・相続税について、一定の要件のもと、その納税を猶予し、後継者の死亡等により、納税が猶予されている贈与税・相続税の納付が免除される制度です。

平成30年度税制改正では、この事業承継税制について、これまでの措置に加え、納税猶予の対象となる非上場株式等の制限(総株式数の3分の2まで)の撤廃や、納税猶予割合の引上げ(80%から100%)等がされた特例措置が創設されました。

当該改正事業承継税制は、10年間の時限立法となっています。

3 事業承継税制の要件

平成30年度事業承継税制の特例を受けるためには、以下の2点の要件を満たしていることが必要です。

  1. 平成30年4月1日から平成35年3月31日までに、都道府県庁に「特例承継計画」を提出していること。
  2. 平成30年1月1日から平成39年12月31日までに、贈与・相続(遺贈を含む)により自社株を取得すること。

※細かい部分では、他にも要件があります。詳しくは、専門家にご相談の上ご確認ください。

4 事業承継税制の内容

改正された事業承継制度を利用すると、下記の内容の納税猶予・免除効果が認められるようになります。

  1. 課税価格の全額に対応する贈与税及び相続税につき、その先代経営者の死亡の日までその納税が猶予される。
  2. 先代経営者又は後継者の死亡、後継者が次の後継者に一定の贈与を行った場合には、納税猶予されている贈与税及び相続税の納付が全額免除される。

現在中小企業庁は、事業承継を行いやすくするために、事業承継税制をはじめいくつかの優遇措置を策定しています。当該事業承継優遇措置は、経営者様にとって有利な内容となっておりますので、事業承継を考える際には是非ともご利用をご検討ください。

なお、当事務所では、事業承継専門チームを組んで、事業承継案件を取り扱っております。事業承継の対策には時間がかかることもございますので、喫緊の課題ではなくとも、ご関心がございましたら、お気軽に当事務所までご相談ください。

以上

文責:弁護士 大友竜亮

奨学金問題~分別の利益とは?~

先日日本学生支援機構の奨学金の回収手法に問題があったことが報じられていました。

この問題では「分別の利益」という法律用語がキーワードになっています。
一般の方からすると少し耳慣れない言葉だと思いますが、民法を学んだことがある方であれば保証の項で学んだことが思い出されるかもしれません。

続きを読む

突然起こる労災事故、ここに注意!!

暑気払いや忘年会のシーズンになると、「職場の飲み会で飲みすぎた従業員が帰り道に転倒したら会社は責任を負うのか!?」なんて話題がよくでますよね(…でないですかね。)。

このようなケースではそもそも労働災害に該当するか(難しくいうと業務遂行性や業務起因性)が問題になるのですが、もし労災事故が起きてしまった場合に、会社がどんな責任を負うのか、会社側は何をすべきなのかという問題までご存知でしょうか。

続きを読む

パワハラの防止策作りを企業に義務付け?わかりやすく説明します!

現在、厚生労働省では、パワハラによる悪影響を重大視し、パワハラの防止策の策定を企業に義務付ける法整備を行う方向で検討しており、悪質な企業については、企業名の公表も検討されています。

そこで、本日は、企業様が気になる指導とパワハラの境界線についての基準をご紹介します。

続きを読む

有給休暇の取得が義務化に!?―「使わせる」だけではアウトに

「有給の制度はあるけど、利用している人は多くない」「従業員から求められたら、有給として取り扱っている」…こういった処理を行っている企業様がほとんどだと思います。

しかし、「働き方改革関連法案」の成立により、企業における有給休暇の処理は、今後、大きく変わることとなります。

今回は、働き方改革関連法案のうち、企業様に大きな影響が生じるであろう「有給」の問題をお話させていただきます。

続きを読む