千葉の弁護士による
企業様向け法律相談

柏駅徒歩3分。千葉で契約書・労務問題・債権回収等、中小企業の法律相談なら、弁護士法人よつば総合法律事務所へ

よつば総合法律事務所

法律問題のご相談はこちら  受付時間 6:00~22:00 0120-916-746 携帯PHS可

  • HOME
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • アクセス
  • お問合せ
  • 契約書
  • 債権回収
  • 対消費者
  • 労務・労使紛争
  • 不動産
  • 再生・倒産
  • 会社法
  • 顧問

<企業・労働関連セミナー 2018年>


医療介護現場におけるハラスメント対策

日時 2018年6月18日 13時00分~16時00分
主催 千葉県の医療法人様
講師 弁護士 前田 徹
対象 課長以上の管理職様
内容

千葉県内の医療法人の課長以上の管理職の方々約40名を対象とした社内研修会に講師として呼んでいただき,そこで,医療介護現場におけるハラスメント対策のお話しをさせていただきました。

講習内容は以下のとおりです。

1.ハラスメント問題の現状

  • (1)ハラスメント問題に関する最近のニュースの紹介
  • (2)統計データから分かるハラスメント問題の現状

2.ハラスメント問題の基礎知識

  • (1)パワハラ
  • (2)セクハラ
  • (3)マタハラ

3.ハラスメント問題への対処法

  • (1)教育・社内体制作りと相談時の注意点
  • (2)賠償保険

4.質疑応答

感想
ハラスメントは,最近ホットなテーマになっていることもあり,参加者の方々は熱心にお話しを聞いていらっしゃいました。質疑応答の場面では,医療介護現場の視点から,様々な質問をいただき,盛り上がりました。

90分でおさえる事業承継セミナー
~現代の重要課題!事業承継の肝心なところ!!~

日時 2018年6月13日 16時00分~17時30分
主催 よつば総合法律事務所
講師 弁護士 渡邉 優 弁護士 松本達也
場所 パレット柏
対象 主に顧問会社様
内容

多くの経営者の重要課題となっている事業承継について,法律家の視点から事業承継の準備から実行までをお話させていただきました。

概要は以下のとおりです。

1 多くの経営者がかかる後継者問題

  • 高齢化問題は経営者にも...
  • 引退したいけど,後継者がいない
  • 事業承継と弁護士のサポート

2 事業承継がさっぱり分からない方へ

  • 事業承継の対象
  • 事業承継の5ステップ

3 メリットだらけの改正事業承継税制

4 親族内事業承継

  • 日本一有名な親族内承継

5 問題事例から学ぶ事業承継

6 円満な廃業

7 事業承継サポート体制

8 よつば総合法律事務所ができること

ここに注意!! FPと他士業の業際問題

日時 2018年5月12日 10時00分~12時00分
主催 SG千葉
講師 弁護士 今村公治
内容

SG千葉様の勉強会で,日本FP協会会員やFPに関心のある方々を対象に,FPと他士業の業際問題・相続問題について,具体的な事例を交えて約2時間お話しさせていただきました。

講習内容は下記の通りです。

1.FPと他士業の業際問題

  • (1)業際問題Q&A
  • (2)求められる業務
  • (3)業務範囲の制限

2.相続業務に役立つ初動対応時の基礎知識

  • (1)遺産分割協議の法律実務
  • (2)相続における借金の扱い
  • (3)意思能力と認知症

3.間違いやすい相続法のポイント

  • (1)税務対策と法律対策の相違点
  • (2)顧問先の社長の相続における注意点
  • (3)事例から学ぶ相続争いを避ける方法

法律家が教える不動産の相続実務
~よくあるトラブル事例を踏まえてお客様へ提案し,仲介案件増,売却案件増を実現する~

日時 2018年4月13日 16時00分~17時30分(パレット柏)
2018年4月16日 16時00分~17時30分(千葉事務所セミナールーム)
主催 よつば総合法律事務所
講師 弁護士 渡邉 優
内容

不動産がかかわる相続トラブルについて,法律家の視点からの解決方法及び売却への提案方法をお話させていただきました。

概要は下記の通りです。

1.不動産を持っていると相続でもめやすい7つの理由

2.遺産分割トラブル事例から考える生前にすべきであった具体的方法・事例

  • 1 遺産の大部分が不動産の事例
  • 2 収益不動産の管理を相続人の一人に任せていた事例
  • 3 相続人は収益不動産を所有するつもりがない事例
  • 4 収益不動産に関する賃料不払いの事例

3.遺産分割トラブル事例から考える,相続発生後早めにすべきであった具体的方法・事例

  • 1 早期の専門家への相談・行動の重要性
  • 2 調停など裁判所での適切な対応の必要性
  • 3 被相続人の遺産が僅少なため名義を変更しなかった事例
  • 4 収益不動産の契約の見直しによるトラブル事例
  • 5 不動産の早期売却の必要性

4.遺言書があっても安心できない!遺留分のトラブル事例から考える生前にすべきであった具体的方法・事例

  • 1 不動産につき,相続税評価額を前提として遺言を作成した事例
  • 2 生前贈与がトラブルの原因になった事例
  • 3 自筆証書遺言の危険性

5.遺留分のトラブル事例から考える相続発生後早めにすべきであった具体的方法・事例

  • 1 不動産価値の把握の必要性,従前費用の記録の必要性
  • 2 遺留分相当額を支払うため早期の不動産売却の必要性

6.共有問題のトラブル事例から考える解決方法

  • 1 収益共有不動産のトラブル事例
  • 2 不動産につき亡くなった父の知人の共有持分がある事例
  • 3 農地共有解消の必要性

7.空き家問題のトラブル事例から考える解決方法

  • 1 倒壊のおそれのある空き家の事例
  • 2 被相続人名義の土地に未登記建物の事例
  • 3 空き家に不法投棄をされた事例

8.不動産現金化のご提案の重要性・必要性

保険代理店様も知っておきたい! ハラスメント対策セミナー

日時 2018年4月6日 15時50分~16時50分
主催 千葉県損害保険代理業協会銚子支部
講師 弁護士 村岡つばさ
内容

千葉損害保険代理業協会銚子支部様の主催で,保険代理店の方々を対象として,近年大きな問題となっているハラスメント問題について,約1時間にわたってお話しをさせていただきました。

概要は下記の通りです。

1.最新ニュース・統計データから分かる,ハラスメント問題の現状

2.ハラスメント問題の基礎知識

  • ...定義,具体例,判断基準,責任等

3.具体的対処法

  • ...社内環境の整備,事後対応,賠償保険等

保険代理店が知っておきたい法律知識

日時 2018年4月3日 16時10分~17時40分
主催 千葉県損害保険代理業協会京葉支部
講師 弁護士 前田 徹
内容

千葉損害保険代理業協会京葉支部様の主催で,保険代理店の方々を対象として,最近問題になっている労務問題の現状と対策や相続の問題(特に遺言書作成)を中心に,1時間30分にわたってお話しをさせていただきました。

講習内容は以下のとおりです。

1.労働問題の基礎知識と賠償保険

  • (1)長時間労働
  • (2)パワハラ・セクハラ
  • (3)賠償保険

2.驚きの裁判例・法律マメ知識

  • (1)名古屋地裁岡崎支部平成3年9月20日判決
  • (2)東京地裁平成26年4月14日判決
  • (3)法律マメ知識

3.相続と遺言書

  • (1)遺産相続の現状
  • (2)争続にならないための基礎知識
  • (3)遺言書の作成

パワーハラスメント研修 ~パワハラ予防を理解し,よりよい職場作り~

日時 2018年3月22日
主催 千葉県の顧問会社様
講師 弁護士 大澤一郎
場所 顧問会社様会議室
対象 管理職社員様
内容

管理職社員様約20名を対象としたパワハラ防止のための研修を行いました。

概要は以下のとおりです。

1.パワハラの最新ニュース
2.セクハラの最新ニュース
3.マタハラの最新ニュース
4.統計データからわかる現状
5.パワハラの基礎知識
6.ハラスメント問題の対処法
7.社員様の立場から見たパワハラ
8.質疑応答

企業の法的トラブル防止とリスクヘッジ

日時 2018年3月20日 18時30分から20時
主催 (一社)柏法人会青年部会
講師 株式会社アクトスリー 塚越立太
弁護士 小林義和
場所 柏商工会議所
対象 柏法人会青年部会員
内容

企業が事業をするに際に想定される法的トラブルについて予防の観点から重要と思われるポイントについて説明させて頂きました。また,法的トラブルが生じた際に,そのリスクを最小限にするための保険商品についても説明させて頂きました。

概要は以下のとおりです。

■労務管理 パワーハラスメント
■使用者責任
■独占禁止法・下請法
■経営責任
■交通事故

民法改正と税理士が知っておきたい法的トラブル防止のポイント

日時 2018年3月19日 14時から17時
主催 TKC千葉会
講師 弁護士 小林義和
場所 三井ガーデンホテル千葉
対象 税理士,税理士事務所職員
内容

昨年成立しました民法改正(債権法)について特に重要と思われるポイントを説明させて頂きました。また,税理士及びその職員の方が関与先と接するに際して,知っておいた方がよい法的ポイントも説明させて頂きました。

概要は以下のとおりです。

【民法改正】

  • 時効制度
  • 法定利率
  • 保証制度
  • 定型約款
  • 賃貸借契約
  • その他4点
    【関与先との関係で知っておいた方がよい法的ポイント】
  • 会社のとるべき姿勢
    ~なぜコンプライアンス順守が大事なのか~
  • 債権回収
  • 労務管理:パワーハラスメント
  • 労務管理:時間外労働
  • 不法行為:社員が横領した場合
  • 経営者の責任
  • 営業秘密の漏洩:不正競争防止法
  • 独占禁止法:再販売価格の拘束
  • 下請法:値下げ強制
  • クレーム対応
  • 個人情報管理:個人情報保護法
  • インターネット上の不当な書き込み
  • 不動産賃貸借と原状回復義務
  • 会社の資金繰り悪化
  • 事業承継・相続

ハラスメント対策セミナー ~明日から使える実践的予防法~

日時 2018年3月7日 14時45分~16時10分
主催 柏労働基準協会
講師 弁護士 前田 徹
内容

柏労働基準協会様の主催で,東葛地区の企業の経営者や人事部・総務部の担当者の方々を対象として,裁判例などの実例をあげて,ハラスメント問題の現状と予防・対策についてお話しをさせていただきました。

講習内容は以下のとおりです。

1.ハラスメント問題の現状

  • (1)ハラスメント問題に関する最近のニュースの紹介
  • (2)統計データから分かる現状

2.ハラスメント問題の基礎知識

  • (1)パワハラ
  • (2)セクハラ
  • (3)マタハラ

3.ハラスメント問題への対処法

  • (1)教育・社内体制作り
  • (2)賠償保険

感想
柏労働基準協会様の主催で,東葛地区の企業の経営者や人事部・総務部の担当者の方々を対象として,「ハラスメント対策セミナー ~明日から使える実践的予防法~」というテーマで約1時間30分ほどお話しをさせていただきました。40名ほどの方々にご参加いただきました。
終了後,個別にご相談をいただく方がたくさんいらっしゃいまして,ハラスメントの問題に関して,皆様の関心の高さをうかがい知ることができました。

介護における司法上の問題点 ~事例から学ぶリスクマネジメント~

日時 2018年3月2日 19時30分~21時00分
主催 松戸地区・矢切地区の福祉関係者
講師 弁護士 前田 徹
内容

松戸地区・矢切地区の福祉関係者を対象として,裁判例などの実例をあげて,介護における司法上の問題点についてお話しをさせていただきました。

講習内容は以下のとおりです。

1.介護のリスクに関わる基礎知識

  • (1)介護事故の法的責任
  • (2)民事上の責任
  • (3)道義的責任

2.事例から学ぶリスクマネジメント

  • (1)JR東海事件
  • (2)施設の窓からの転落事故
  • (3)もちの誤飲事故
  • (4)利用者同士のトラブル
  • (5)ハラスメントの問題
  • (6)利用料不払いによる契約解除

3.注意すべきポイント

  • (1)注意義務違反について
  • (2)ハラスメントの問題
  • (3)施設運営上の問題

感想
グループホーム職員や,居宅介護支援専門員,地域包括支援センターなどの福祉関係者の方々を対象として,「介護における司法上の問題点」というテーマでお話をさせていただきました。40名ほどご参加いただき,熱心にお話を聞いていただきました。質疑応答の場面でも,議論が盛り上がりました。私も,現場の皆様の声を聞くことができ,勉強になりました。

知っているだけで差がつく! 労使トラブルの実態と賠償保険の話

日時 2018年2月22日 16時30分~17時45分
主催 よつば総合法律事務所
講師 弁護士 前田 徹
内容

保険代理店様を対象として,弁護士から見た労使トラブルの実態と賠償保険の必要性についてお話しをさせていただきました。

講習内容は以下のとおりです。

1.なぜ今,労務問題が重要なのか

  • (1)労使トラブルが問題となったニュースや裁判例の紹介
  • (2)最新の統計データからみえる労務問題の実態と傾向
  • (3)会社を取り巻く環境の変化

2.労務問題の基礎知識

  • (1)労働時間にまつわるルール
  • (2)パワハラについて
  • (3)解雇について

3.お客様に喜ばれる 各種賠償保険のお話

  • (1)メンタルヘルスの問題
  • (2)労災による補償とその問題点
  • (3)最新の統計データから分かる,注意すべき業界と会社
  • (4)労災上乗せ保険の内容
  • (5)弁護士の視点で考える「必要な保険」とは

実務に役立つ! 事例で考える労働トラブル 予防・解決のポイント

日時 2018年2月15日
主催 社会保険労務士の先生方の自主研究会・公開講座
講師 弁護士 三井伸容
内容

最近何かと話題の多い人事労務の分野について,具体的な事例と経験を交えてお話をさせていただきました。

概要は以下のとおりです。

  • はじめに(証拠と交渉の重要性について)
  • 解雇トラブルの近時の傾向と対策のポイント
  • 長時間労働・残業代未払トラブルの近時の傾向と対策のポイント
  • ハラスメント問題の近時の傾向及び対策のポイント
  • メンタルヘルス疾患事案での対応のポイント
  • 労災での近時の傾向及び対応のポイント
  • 懲戒処分の対応のポイント
  • 交渉過程で作成する書面について作成上の注意点
  • その他交渉上で注意するべきポイント
  • 裁判所に評価されやすい証拠のポイント

民法改正と関与先との関係で税理士が知っておきたい15の法的ポイント

日時 2018年2月15日 14時~16時30分
主催 千葉県税理士会柏支部
講師 弁護士 小林義和
場所 柏商工会議所
対象 税理士
内容

昨年成立しました民法改正(債権法)について重要と思われるポイントを説明させて頂きました。また,税理士が関与先と接するに際して,知っておいた方がよいポイントも説明させて頂きました。

概要は以下のとおりです。

【民法改正】

  • 時効制度
  • 法定利率
  • 保証制度
  • 定型約款
  • 賃貸借契約
  • その他4点
    【関与先との関係で知っておいた方がよい法的ポイント】
  • 会社のとるべき姿勢
    ~なぜコンプライアンス順守が大事なのか~
  • 債権回収
  • 労務管理:パワーハラスメント
  • 労務管理:時間外労働
  • 不法行為:社員が横領した場合
  • 経営者の責任
  • 営業秘密の漏洩:不正競争防止法
  • 独占禁止法:再販売価格の拘束
  • 下請法:値下げ強制
  • クレーム対応
  • 個人情報管理:個人情報保護法
  • インターネット上の不当な書き込み
  • 不動産賃貸借と原状回復義務
  • 会社の資金繰り悪化
  • 事業承継・相続

知らずにあとで後悔しても遅いかも!?
弁護士が教える従業員トラブル 予防と解決のコツ
~具体的な事例と経験を交えて「コツ」をお教えします~

日時 2018年2月6日
主催 よつば総合法律事務所
講師 弁護士 三井伸容
弁護士 辻 悠祐
内容

最近何かと話題の多い人事労務の分野について,具体的な事例と経験を交えてお話をさせていただきました。

概要は以下のとおりです。

はじめに

  • 後悔しないための交渉過程での書面作成上の注意
  • 会社をきちんと勝たせるための証拠のポイント

採用・退職編

  • 問題社員を避けるための履歴書注目ポイント
  • 人手不足だからこそ,採用時に気を付けたいポイント
  • 最近の解雇トラブル,傾向と対策 等

長時間労働・残業代

  • 長時間労働のリスクと対策
  • 従業員からの過剰請求や虚偽の証拠作成を許さないための防衛ポイント

労災

  • これだけはやっちゃダメ。労災トラブルの泥沼化を防ぐポイント

その他

  • ハラスメント,退職後の競業対策,懲戒処分等のポイント

【医師向け】レセプト請求に関する「個別指導」にどう対応すべきか?
~日常の診察における留意点と対策~

日時 2018年1月7日
主催 医療技術セミナースキルアップ
講師 弁護士  川﨑 翔
内容

1月7日(土)、医療技術セミナースキルアップにおいて、医師向けに「レセプト請求に関する「個別指導」にどう対応すべきか?~日常の診察における留意点と対策~」というタイトルで講演を致しました。東北から九州まで、遠方の先生方にもご参加いただきました。
医療機関の法的リスクに十分対応できるよう研鑽を積んでいきたいと思います。

  • 個別指導とは何か
  • 個別指導の実際
  • 個別指導実施日に向けて
  • 自主返還
  • 通知~指導日まで
  • 指摘されやすい項目
  • 日常の診療で注意すべき点
  • 指定取消と訴訟
  • 指導対象の選定
  • 本日のまとめ