千葉 中小企業法律相談

柏駅徒歩3分。千葉で契約書・労務問題・債権回収等、中小企業の法律相談なら、弁護士法人よつば総合法律事務所へ

弁護士法人よつば総合法律事務所 JR・東武野田線 柏駅徒歩3分

法律問題のご相談はこちら  受付時間 6:00~22:00 0120-916-746 携帯PHS可

  • HOME
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • アクセス
  • お問合せ
  • 契約書
  • 債権回収
  • 対消費者
  • 労務・労使紛争
  • 不動産
  • 再生・倒産
  • 会社法
  • 顧問

解決事例120: 債権回収の問題を交渉で解決した事例

業種

整骨院

お困りの問題

債権回収

相談前

相談者のA院は,相手方のB社と,契約を締結し,契約書に記載のとおり約50万円をB社に対して支払いました。 しかし,相手方のB社は契約内容を全く守りませんでした。そこで,A院は,B社に支払った約50万円を取り返そうと思い,当事務所にご相談に来られました。

相談後

image120.jpgA院からご依頼を受け,すぐに相手方のB社に対して,弁護士名義の通知書を内容証明郵便で送りました。通知書には,契約を解除することと,A院がB社に支払った約50万円の返還を求めること,期限内に返還しなければ訴訟提起等の法的措置を検討する旨記載しました。 その後,B社と粘り強く交渉を続けた結果,B社から約50万円が返還されました。裁判をせずに,短期間の交渉でうまく事件解決することができました。

担当弁護士からのコメント

  • ・ ご依頼を受けたときは,相手方B社は返金する義務がないと争っていましたが,弁護士から法的な説明をして交渉を続けた結果,最終的には相手方からの返金がありました。
      債権回収の事案では,請求権の法的根拠をしっかりと示し,債務者が支払わないのであれば裁判等の法的手段をとってでも回収するという姿勢で臨むことが重要です。
  • ・ 本件では,万が一交渉で解決しなかった場合,民事調停をするかどうか検討していました。お金を貸したのに返してもらえないなどのトラブルが発生した場合,民事調停を申し立てて,裁判所での話し合いに持ち込む方法があります。民事調停は,裁判と比べると,申立が簡単なので弁護士を頼まなくてもできますし,費用が安いというメリットがあります。民事調停では,民事調停委員が間に入って,紛争の解決案を一緒に考えてくれるので,当事者同士だけで交渉するよりは解決する可能性が高まります。
      その他,60万円以下の金銭の支払いを求める場合には,簡易裁判所で少額訴訟を提起するという選択肢もあります。
  • ・ 債権回収の事案は,債権額や,証拠の有無,相手方の資力,相手方の財産を把握しているかなどの具体的事情によって,解決方針は大きく変わります。
    事案の内容によっては,裁判をするのが難しい案件もあります。裁判ができないような案件でも,民事調停や,裁判以外の手続き等を利用できる可能性があります。
    債権回収は,①できるだけ早く,②できるだけ多い金額を回収する必要があります。そのため,債権回収をする場合には,早い段階で弁護士に相談して事件解決の方針をたてるのがよいと思います。